就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
スタートアップ

「ベンチャーキャピタルとは何か」元ベンチャー幹部が解説します

今日は次のような疑問を持っている人向けの記事です。

ベンチャーのニュースをみていると、ベンチャーキャピタルってよく聞くけど、そもそも何なの?

前職のベンチャーはベンチャーキャピタルから投資をもらっていたので、どのような仕組みになっているのかを実体験を持って解説できると思います。

  • ベンチャーキャピタルとは?
  • ベンチャーキャピタルはどんな会社に投資をするの?
  • ベンチャーキャピタルに投資をしてもらってるベンチャーは良いの?

ベンチャーキャピタルとは?

ベンチャー関連のニュースをみていると「〇億円資金調達!」と言う言葉をよく見かけますよね。

※出所:TechCrunchより

そして、ベンチャーの資金調達にほぼ確実に関わっているのがベンチャーキャピタル(以下VC)です。では、そもそもVCとは何者でしょうか?

wikipediaによると、定義は以下の通り。

ベンチャーキャピタル(venture capital、略称:VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行い、資金を投下する。経営コンサルティングなどを提供し、投資先企業の価値向上を図る企業も存在する。担当者が取締役会等にも参加し、経営陣に対して監視・コントロール・指導を行うこともある。(以下略)

有名なVCだと次のようなところ。

ちなみに、ベンチャーへの資金出資はVC以外にも、個人投資家や銀行の融資部門なども行なっています。ベンチャーからすれば、資金を集めるための手段の一つという感じでしょう。

ただ、VCはその名の通りベンチャー企業への投資専門のチームです。そして多くのVCは、ベンチャー企業と一緒な目線でベンチャー企業の運営を手伝います。

これはハンズオン型といって、程度は様々なのですが、実際にベンチャー企業の経営会議に参加したり、場合によっては一緒にテレアポをして営業を手伝ったり(!)します。

VCの儲けポイントは、投資した会社が上場or他の会社へ事業譲渡をした際に、持ち株に応じて巨額の利益が出る仕組みです。

なので、その会社の事業を伸ばすためであれば、VCが持つヒト・モノ・カネ・情報のリソースをフル活用して支援するわけです。

ベンチャーキャピタルはどんな会社に投資をするの?

VCから投資をもらっているということは、それなりの成長性を見込まれていると言えます。

VCも投資家たちからお金を預かり、それを増やすことを至上命題としているので、投資先の会社が本当に上場するレベルまで成長をするのかを見ています。

VC界隈のトッププレイヤーたちによれば、投資をする時に見ている視点は次の3点が多いようです。

  • 創業者の人となり
  • 経営メンバー
  • ビジネスモデル

その中でも特に一番重要視しているのは創業者。結局どんなに良いビジネスモデルで優秀なメンバーが集まっていようと、創業者の志や胆力がないと経営が持続しません。

僕自身も副業で自分の事業をやっていますが、基本的に頼る人は周りにおらず孤独で地味な戦いを毎日毎日続けています。

経営者と聞くとお金持ち、豪遊している、などのようなきらびやかなイメージを持つ人が多いですが、その裏では誰にも相談できない悩みを抱えながらプレッシャーに押しつぶされそうになりながら毎日を過ごしてます。

そんな中でも、自分を奮い立たせ前に進んでいく胆力がある人が、おそらく最終的にも成功する確率が高いことをVCは見極めるのだと思います。

ベンチャーキャピタルに投資をしてもらっている会社は良いの?

ベンチャーキャピタルからの投資をもらっているベンチャーは、for Startups社が提供するスタートアップデータベースから調べることができます。

実際にデータベースを見てみるとわかるのですが、ここ数年はベンチャー市場が盛り上がってるので、資金調達をしているだけの会社だとかなりの数です。

だから、「資金調達をしている会社」=「世の中的に評価されている会社」だと思って安易に転職すると危険です。

実際VCは、1020社投資したらその全部が上場したり上場企業にバイアウトされるとは思っていません。確率的にはほとんどのベンチャーが事業に失敗するという前提です。

というのも、1社が上場したり他社に高値で事業譲渡したりすると、他の投資が失敗しても余りある成功報酬が手に入るからです。

だから、ベンチャーに転職を考えている人は、資金調達有無や額は目安にするのはよいですが、どんなベンチャーが自分に合っているのかを考える必要があります。ベンチャーの見極め方については別の記事で解説しているのでご参照ください。

あわせて読みたい
優良?ブラック?ベンチャーの見分け方を元採用担当が解説する今日は次のような悩みを持つ人向けの記事です。僕は新卒で入った大企業を辞めてベンチャーに転職した際に、見分け方を知らずに選んでしまいました...

では本日のまとめです。

  • VCとはベンチャー企業専門の投資会社
  • 現在はハンズオン型が主流なので、ベンチャー企業の経営に一緒に参画するケースが多い
  • VCから資金調達をしてるベンチャーはかなり多いので、自分の中で見極める基準を別に持つべき

今すぐに転職を考えていなくてもエージェントに登録をしないと損する理由

皆さんは、次のように思っていないでしょうか?

  • まだ今の仕事で学べることがあるから、転職は考えていないからエージェントには登録してない
  • 転職は興味はあるけど、エージェントに登録するほどでもないかも
  • エージェントに登録すると、面談を受けろとしつこく勧誘されるから面倒臭い
  • エージェントに登録をしなくても、自分で探せる

もしこう考えて、転職エージェントに登録をしていないならば、あなたはキャリアで損をしている可能性があります。

転職エージェントは、転職をしようと思った時に登録をするものではありません。むしろ今の仕事に真剣に取り組むためにも、転職活動をする前から登録をしておくべきものです。

僕は直近で転職意向がなくても、1年に1回は信頼できるエージェントと面談し下記内容を話しています。

  • 直近の転職マーケットの動向
  • 自分が今の会社で身につけているスキルが、他企業からはどう評価されているのか
  • 今後フリーで働いていく為にはどのようなスキルを身につけておけば良いか

転職のみならず、仕事で成功を収める人は、常に自分の取り組んでいる仕事が外部からどのように評価をされるのかを知っています。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。ぜひご参考にしてください。

\詳細は↓の画像をクリック/