就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

20代の転職に最適なタイミングとは?見極め方も解説【経験談】

今日は20代の転職のタイミングについてです。

20代の転職は、初めての転職の人がほとんど。転職を考える時、「良い求人がたくさん出ている時に転職したい」「自分の市場価値が高いタイミングで転職したい」と思う人が多いはず。

自分の転職のタイミングと企業側のタイミングとをうまく合わせることができれば、今よりも大幅な年収UPや、ずっとやりたかった業種、職種への転職も夢ではありません。

しかし、そのタイミングを見極めるのは困難で、特に初めての転職では要点を押さえておかないとタイミングを掴み損ねて、転職に失敗してしまう可能性があります。

僕自身も初めての転職の時には、転職したい気持ちはあったもののいつがベストなのかを1年以上迷ってしまいました。今思えばもっと早く転職をしておけば良かったと後悔しています。

この記事は2部構成です。

20代に特化した話をしますが、その前提知識として一般的な話を理解しておく必要があるので、順番にお読みください。

前半:一般的な転職のタイミングの話

後半:20代に特化した転職のタイミングの話

後半では、ITベンチャーで中途採用担当をしていた頃の実体験も交えて「実態」を包み隠さずお伝えします。

この記事を読むことで、自分自身が転職をすべきタイミングと、転職市場的に良いタイミングを把握することができ、転職活動の成功がグッと近づきます。

転職のタイミングの種類(求職者編)

そもそも、転職のタイミングには大きく分けて2つのタイミングがあります。

  • 求職者側のタイミング
  • 企業側のタイミング

この2つのタイミングがうまく合致する時が、転職する上でのベストのタイミングです。

まずは求職者側のタイミングですが、主に4つのタイプがあります。

  • 自分のキャリアのステップアップのため
  • 会社の方針/上司と合わないため
  • 給料/労働時間に不満があるため
  • 結婚/育児など家庭の事情のため

順に解説します。

自分のキャリアのステップアップのため

「今の仕事を2,3年続けても未来がないな」「営業はもういいから、別の職種にチャレンジしたいな」というケースです。

今とは別の業界への転職や、職種を変えての転職が当てはまります。

特に、IT化が遅れているような業界だと、業務を通じて身につく能力が時代遅れになることを懸念して転職する人が多いようです。

会社の方針/上司の仕事と合わないため

ベンチャーとかではありがちですが、会社の事業方針がいきなり変わることで転職を考える人が出てきます。

僕がいたベンチャーでも、とある事業から撤退するとなった時、その部署で働いていた人のうち何人かは辞めて行きました。

また、上司との馬が合わないことも転職のよくある理由の1つです。具体的には次に当てはまるようであれば、転職を検討すべきサインです。

  • 若手の意見を聞かない
  • いざという時に自分の意見を言わずに上に媚びる
  • 嫌味ったらしい
  • セクハラパワハラがすごい

給料/労働時間に不満があるため

給料が低い、労働時間が長いことも転職理由になります。特に新卒は給料が低く抑えられがち。

また、周りの先輩の暮らしぶりから、自分が数年後にもらえる給料も想像できてしまいますよね。

僕も隣の席の5個上の先輩の給料を知った時にも「この会社にいてもずっと給料上がらないじゃん…」と絶望するきっかけになりました。

結婚/育児など家庭の事情のため

結婚をしたり子供ができることによって、家族との時間を増やしたいと思い転職をするというケースもよくあります。

また、結婚を機にライフスタイルを見直して、旦那さんや奥さんの地元にUターンして転職をするというケースもあります。

以上の4つのいずれかに当てはまる人がいれば、転職するタイミングとしては「まさに今」です。ただし、注意すべき例外パターンが2つ。

【例外1】超短期(半年以内)での離職

【例外2】新卒で入った会社の早期離職

超短期(半年以内)での離職については、短期離職の人は「また離職するのでは?」という懸念を持たれます。これはどんなに能力が高い人でも避けられません。

中途採用担当もサラリーマンなので、上司にあなたを面接通過させるかどうかを意見する時「この人は離職するリスクがある」と思われると通しにくいです。

その為、次の2つを他の候補者よりもわかりやすく面接官に伝える必要があります。

  • なぜ超短期で離職する必要があるのか
  • 次の職場ではどのように長く働くつもりがあるのか

なお、新卒で入った会社の早期離職も、同じように短期離職の懸念を持ちます。

ただ、新卒だと中途よりは早期離職を多めに見てくれます。

なぜなら、第二新卒(新卒1-3年目)は、転職時にポテンシャルの要素で採用される可能性があるから。逆に第二新卒のポテンシャルを活かしたければ、転職のタイミングは早ければ早いほど良いです。

転職のタイミングの種類(転職マーケット編)

先ほどの4つは、求職者(=転職をしたい人)の都合のタイミングの紹介でした。

しかし、転職にはあなた自身のタイミング以外にも、転職市場のタイミングも考慮する必要があります。次に、転職市場の動向を見てみましょう。

大手転職サイトのdodaの調査によれば、求職者が増えるタイミングと、求人数が増えるタイミングには規則があります。

求職者が増えるタイミング

下のグラフを見てください。

求職者(つまり転職を考えているあなたのライバル)は4月には増えて、12月には減る傾向にあります。

求人数が増えるタイミング

下のグラフを見てください。

求人数は、10月と1月に増えて、5月と12月には落ち着く傾向にあります。

これらのデータから、次のようなことが言えます。

  • 求人が増える時期は10月と1月なので、その時期に転職活動をすると案件が多い
  • しかし、この時期は当然あなたの他にの求職者(ライバル)も転職活動をしている
  • 12月は逆に求職者(ライバル)の活動は減る傾向にあるので、ライバルが少ない時期に転職活動をしたければこの時期が狙い目

転職が決まった後の流れ

では、具体的に転職が決まった後の流れを見てみましょう。

  1. 内定GET!そして入社日の決定
  2. 退職の報告
  3. 社内での引継準備・担当顧客への報告
  4. 転職先で必要な知識の準備

順に解説します。

①内定GET!そして入社日の決定

無事に内定を獲得すると、転職先の企業からは「いつから来れますか?」と入社日を聞かれます。転職先の企業はあなたに早くきて欲しい場合が多いので、1ヶ月先の日程を提示してくるでしょう。

この時にあなたが検討しなければいけないのは次の2つ。

  • あなたの今の仕事の引継にどのくらい必要か
  • 有給消化をどうするか

ただ、引継に3ヶ月、有給を消化して1ヶ月で4ヶ月後に入社します!とかだと、流石に企業側も「だったら他の候補者を探します」となって内定が取り消される可能性もあります。

あなたのポジションにもよりますが、責任があるポジションについていないのであれば、引継期間として妥当なのは1~2ヶ月程度でしょう。

また、内定通知書(オファーシート)には、返答の有効期限が書かれてます。2週間以内とかが多いです。

つまり、内定をもらってからキープできるのは2週間が相場、それ以上だと何らかの理由をつけて返答期限を延ばしてもらう必要があります。

②上司への退職の報告

転職先を決めたら、すぐに職場の上司に報告です。前提として、退職は14日前までに会社に言えば、会社側はあなたの退職を引き止めることはできません。

就業規則などに「1ヶ月前には通知するように」と記載があった場合でも、法律的には14日前でOKです。

ただし、引継は通常1ヶ月以上かかるので、1~2ヶ月前には伝えるのが礼儀とされてます。

③社内での引継準備

転職先が決まると、今の仕事に身が入らなくなってしまいがちです。その気持ちはわかるのですが、最後の引き継ぎの印象が悪いと、ちょっとマズイです。

人生どこで人の縁がつながるかわかりませんので、最後まで丁寧に引き継ぎをしましょう。

④担当顧客への報告・転職先で必要な知識の準備

社内での引継をしつつ、担当する顧客への後任引継などがあればこちらも丁寧に行います。

また、転職先が異業種・異職種だったりすると、入っていきなり文化も言葉も違って戸惑うことがあります

例えば、僕も大手不動産会社からITベンチャーへの転職の際に、ITの知識が一切なかったので、自分なりにWEBの基礎や、ITベンチャーのニュースがまとまっているサイトを眺めていました。

これらは有給消化中の期間に準備をしておくのがオススメです。

次は、これらの一般的な転職タイミングを踏まえて、20代の転職のタイミングについてです!

20代の転職はどのタイミングがベスト?【年次別に解説】

いよいよ本題です。

転職したいと思った時でも、自分が今何年目なのかによって転職市場での見え方は違います。それに気をつけつつ転職活動を進めましょう。

1年目(23歳)

ほとんど就活生と同様の扱いをされます。ぶっちゃけ1年も経たないうちだと、仕事の成果はほぼ問われません。

とはいえ、就活と異なるのは下記2つを聞かれることなので、しっかり答えられるように準備しましょう。

  • なぜ新卒でその会社に入ったか
  • なぜ転職したいか

また、面接官の立場として気になるのは短期離職の懸念です。

理由はなんであれ、1年も経たないうちに辞めようとしているので「うちに転職をしてきても結局すぐに辞めるのではないか」と思ってしまいます。

なので、面接では短期離職の懸念を払拭させる理由を用意しましょう。実際に面接官をしていて「これなら確かに1年目だけど転職理由として成り立っているな」と思った例をあげます。

新卒で入った会社は、同僚や先輩が「すでに出来上がった仕事」をただこなすだけのような環境だった。このような環境に実際に身を置いてみて、ここで最初のキャリアをスタートさせると自分の成長が鈍化しそうで怖かった。若手のうちはもっとバリバリ働ける環境がいいと思い、転職活動をしている

2〜3年目(24〜25歳)

2~3年目はポテンシャル層としての採用されることが多いです。結論としては、もし20代での転職を考えているのであれば、ここが一番良いタイミング。

もう1,2年経つと「今の仕事でどのような実績を出したか」が問われ始めるので、結構ハードになってきます。

4-5年目(26〜27歳)

現職での実績が問われ始めますが、ぎりぎりポテンシャルの要素でもいけるときです。

もし異業種への転職や、営業から企画などの異職種への転職を考え出るなら早めに。そうでないとだんだん自分が苦しくなります。

なぜなら、「転職しようかな、どうしようかな」と悩んでいる時って、今の目の前の仕事に集中できていない時なんですよね。

その状態で長く働いていても、正直目立った成果をあげる可能性は高くないので、もし転職をするならちょっと焦った方がいいです。

6年目以降(28歳〜)

同業界での転職になることが多いです。というのも、5年以上も同じ業界で働くと「業界のカラー」というのが無意識のうちに身についているから。

また、面接時にポテンシャルの要素はほとんど加味されず、今の職場での実績を求められるようになります。

東大卒で大手企業に勤めていた6年目の社員がベンチャーに転職しようとした時に「すでに大手企業の仕事のやり方・考え方が染み付いてしまっているので、うちのベンチャーには合わない」と言って不採用になる、ということもあります。

これが2,3年早かったら、まだ「東大卒だしポテンシャルはあるから、仕事の実績はないけど採用してみようか」となったかもしれません。

まとめると次のような感じです。

年次 ポテンシャル 実力 特徴
~1年目 ほぼ就活時と同じ扱い
2~3年目 ポテンシャルの要素でいける/一番狙い目
4~5年目 異業種や異職種への転職はここがデットライン
6年目~ ほぼ実力勝負

今が転職のタイミングではないと思った場合の対応

ここまで読んで、自分は転職活動をするタイミングだなと思った人は、上記の流れに沿って転職活動を始めてください。

一方で、まだ転職活動を始めるタイミングではないかも?と思った人向けに、次にやるべきことを紹介します。

・今感じている不満が現職で解決できるかを考えてみる

・転職時に高い成果を語れるように目の前の仕事を頑張る

・転職サイトへの登録をして情報に触れておく

順に解説します。

今感じている不満が現職で解決できるかを考えてみる

この記事をここまで読んでいただいたということは、何らかの不満や不安を抱えていて、ずっと今の会社にいるわけではない人のはずです。

しかし、今すぐに始めないのであれば、今感じている不満や不安が、今の仕事を続けることで解決できるのかどうかを考えてみましょう

例えば、今の上司とのソリが合わない場合は、次の3つを考えると良いでしょう。

  • 部署を異動したら解決するのか?
  • 仕事で成果を残したら解決するのか?
  • 上司と腹を割って話したら解決するのか?

今の環境が自分の努力や時間が経つことによって解決するのかどうか、一度考えてみることをオススメします。

転職時に高い成果を語れるように目の前の仕事を頑張る

年齢が経つにつれて、転職時にはポテンシャルの加点要素は減り、実力勝負になります。

つまり、今の仕事で転職時に語れる成果を残せるかが重要です。

なので、今の会社に残るならば、目の前の仕事に集中して高い成果を目指さないと転職時に不利になります。

転職サイトへの登録をして情報に触れておく

転職活動をしないのに転職サイトに登録するの?と思われた方もいるかもしれません。

実際に僕は転職活動をしていませんが、5社の転職サイトに登録をしています。理由は下記の通り。

  • 今どんな案件があるのか/給料の相場はどのくらいかの肌感覚をつかむため
  • 目の前の仕事に忙殺されて、転職のことを忘れないようにするため

転職サイトの案件を見て、同年代でも自分よりも100万円以上高い給料をもらえる職場がたくさんあることを知り「今の職場で給料をあげるよりも転職した方が早いな」と実感できました。

このように、転職する/しないに関わらず、自分が今どのくらいの市場価値があるのかを知ることは、会社に搾取されないためにも必要な感覚です。

また、せっかく転職のことを考えても、職場に戻ってパソコンを開くと目の前の仕事に忙殺されてしまいます。

そうして転職のことを次に考えたら、すでに転職市場では行きたい企業の案件がなくなっていたり、求められるレベルが高くなってしまって、転職ができなくなります。

だから、転職サイトに登録をしておいて頭の片隅に転職のことを考えておくように仕組みを作っておくことが必要になります。

案件が定期的に送られてくる案件を見れば、「自分は今の仕事をしていて将来的に転職市場で通用するのか」を常に考えることができるので、良いリマインドになります。

市場価値を知るため、日々の業務に忙殺されず転職について意識を持っておくためにも転職エージェントの登録が有効です

では本日のまとめです。人生は一度きり。タイミングを逃して後から後悔したとならないように、まずは小さなことでも行動することをオススメします!

  • 求職者側のタイミングと、企業側のタイミングが合うところで転職をするのがベスト
  • 20代の転職は年次別によって見られ方が異なるので、それを意識して転職活動をすべき
  • 今すぐに転職をしない場合でも、自分の市場価値を把握するため・転職についての意識を持っておくためにもエージェントへの登録が有効

関連記事

【20代転職】ここだけは外せない!20代向け転職エージェント3選

ベンチャーへの転職にオススメの転職エージェント【元採用担当目線】

転職の1番のリスクは、転職するかどうか迷っている状態のことです

今すぐに転職を考えていなくてもエージェントに登録をしないと損する理由

皆さんは、次のように思っていないでしょうか?

  • まだ今の仕事で学べることがあるから、転職は考えていないからエージェントには登録してない
  • 転職は興味はあるけど、エージェントに登録するほどでもないかも
  • エージェントに登録すると、面談を受けろとしつこく勧誘されるから面倒臭い
  • エージェントに登録をしなくても、自分で探せる

もしこう考えて、転職エージェントに登録をしていないならば、あなたはキャリアで損をしている可能性があります。

転職エージェントは、転職をしようと思った時に登録をするものではありません。むしろ今の仕事に真剣に取り組むためにも、転職活動をする前から登録をしておくべきものです。

僕は直近で転職意向がなくても、1年に1回は信頼できるエージェントと面談し下記内容を話しています。

  • 直近の転職マーケットの動向
  • 自分が今の会社で身につけているスキルが、他企業からはどう評価されているのか
  • 今後フリーで働いていく為にはどのようなスキルを身につけておけば良いか

転職のみならず、仕事で成功を収める人は、常に自分の取り組んでいる仕事が外部からどのように評価をされるのかを知っています。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。ぜひご参考にしてください。

\詳細は↓の画像をクリック/