就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

転職イベント行ったけど、行かなくていいと思った

こんにちは。トニー(@lesson_now)です。

リクナビ主催の初めての転職フェアに行ってきました。

【結論】行かなくてOK

先に結論からいうと、あまり行かなくてよさそうです。

…と、これで終わってしまっても意味がないので、まずは転職イベントの内容を説明した後に、行かなくても良い理由を紹介します。

転職イベントって何?

就活の時に合同説明会行ったことがありますよね?その転職バージョンと思ってもらえばOKです。

今回はリクルート主催ですが、dodaとか@typeとかマイナビとかが主催していますね。東京だと山手線車内の広告でよく見かけると思います。

イベントの内容はだいたいどこも次のような感じです。

  • 初めての転職をする人向けに、自己分析のセミナー開催
  • 企業のブースにて企業の説明会
  • 企業によってはその場で即1次面接

メインは、気になる企業のブースを回って、その会社の採用担当者から説明を聞く感じです。会社によっては少人数で座談会的な感じでやってるとこもありますね。

どんな企業が参加してるの?

今回は合計で100社くらい参加していました。比較的大手企業が多かったように思います。

ビジネスサイドは営業職、技術系に関しては自動車メーカーのエンジニアリング部門とかあとは官公庁、専門商社、学習塾、飲食、Webコンサルとか業種のバリエーションも見られました。

行かなくていいと思った理由

行かなくてもいいと思った理由は主に3点です。

企業数が限定的

今回は100社ほど来ていたのですが、ぶっちゃけこの中から興味のある企業を選ぶには少なすぎです

リアルのイベントの良さは良さであると思いますが、どうしてもwebでレコメンドもらった方が効率的じゃない?と思ってしまいました。

自分が知りたいことが聞ける雰囲気ではない

そして基本は企業担当からの説明なので、自分が気になったことがあっても詳しく聞ける雰囲気ではありません。

最後に質問コーナーはありますが、さすがにみんなの前で個人的なことを聞くこともできませんし。

結局自分がその会社に向いているかどうかわからない

そして何より、自己分析がきちんと終わってないのに企業を眺めてみても意味ありません。

ここら辺はこちらの記事で詳しく書いたので参考にしてください。

メリットデメリットまとめ

リアルの転職イベント・サイト・転職エージェントの各々のメリットとデメリットをまとめてみました。

転職イベント

転職サイト

転職エージェント

企業数

情報の独自性

双方向性

×

情報取得の気軽さ

どんな時にイベントに行くのが向いている?

上記の表の通り、「企業との双方向性のやり取りを求めたい」の時はリアルのイベントに行くのが良さそうです。

ただそれも、自分の自己分析が完了してから興味のある会社に行った方が効率いいし、直接転職エージェントから繋いでもらって企業側と面談すればもっと詳しいことが聞けるので、イベントに行かないとダメということはないです。

なので、転職を考えている人は、イベントに行く前に下記をやったらいいと思います。

  • 転職ブログを読み漁る
  • 転職サイトへの登録
  • 転職エージェントへの登録とキャリアアドバイザーとの面談

こちらのブログでも、「転職は考えているけどまだ具体的ではない」という転職初心者むけの記事をいくつか用意しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
20代のキャリアをどう構築すべきかこんにちは。トニー(@lesson_now)です。 20代で転職を考えると、「キャリアに傷がつく」という話題が出ることがあります。 ...
あわせて読みたい
会社は、自分の人生を前に進めるための乗り物こんにちは。 僕が社会人1年目の頃の僕に悩んでいた時、この言葉を教えてくれる人が近くにいればなあ...と思っています。 「会...

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら