就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
就活

【厳選】就活エージェントオススメ3選と使い倒し方を解説

今日は次のような悩みを抱えている人向けの記事です。

就活のエージェントってそもそも何?なんか怪しいな。。。どうやって使えばいいんだろう。

僕も就活生時代にエージェントの存在を知らなかったのですが、うまく利用すれば就活にかなり有利じゃん、、と社会人になってから思いました。

ESや面接対策をマンツーマンで行ってくれるし、企業選びについても自分に合ったアドバイスをくれて、そして無料。

そうはいっても周りで使っている人も少ないしなんか怪しい、、という意見もあると思いますので、今日は就活エージェントの使い倒し方も一緒に解説します。

この記事を読むことで、就活エージェントの正体と、どのようにして利用すれば良いのかがわかります。全部で3分程度で読めます。

就活エージェントってそもそも何?

就活エージェントは専属の家庭教師

就活エージェントは、要は就活をする上での専属の家庭教師のようなもの。

マンツーマン体制で、下記のサポートをしてくれます。

  • ES添削
  • 接、GD対策
  • 志望動機、ガクチカ添削

利用は基本的に無料

そして、学生が利用するのは基本的に無料です。

有料での就活支援サービスを展開する会社や、就活塾を運営する人たちもいますが、

いきなりお金を投下するのは怖いので、まずは無料のサービスを使ってみるのがおすすめです(この記事で紹介するのは全て無料なので安心してください)

実際に就活エージェントを使った感想

当然ですが、エージェントを使った人全員が満足!という訳ではありません。賛否両論あるので、ここではどちらの意見も紹介します。

【良い】エージェントとの会話で自己分析のレベルが一段深まった

【良い】エージェントが上手くスケジュール管理に役立った

次にネガディブな事例もみてみましょう。

【悪い】メールがしつこい

【悪い】エージェントも商売なので、全ての言葉を信用してはいけない

具体的には、あなたが就職することで100万円相当の金額が動きます。

だからエージェントによっては、あなたに合った企業ではなく、エージェントが儲かる企業を勧めてくることがあるんですね…

ここに例として挙げたように、エージェントを利用することには良い面と悪い面がありますが、良い面だけを自分のために利用すれば良いと思います。

上手く使うこなせるか不安になってきた。。どうしても悪い面が気になる
全てが完璧なサービスなんてないですよ。この後、悪いエージェントに捕まらずに、就活で損をしないようなエージェントの活用方法を教えます

就活エージェントについての疑問

就活エージェントはまだ学生の間ではそこまでメジャーではないからこそ、その有用性については疑問があるでしょう。具体的には次のような感じかなと思います。

  • 本当に無料なの?
  • どうせいい企業無いんじゃないの?
  • エージェントって信用できるの?

本当に無料なの?

無料です。理由は簡単で、別のところでマネタイズしているからです。

就活エージェントは企業に学生を紹介して入社させることで、紹介フィーをもらっており、そこで儲かっているからです。先ほどお伝えした通り、一人当たりの紹介料は高いと100万円ほど。

どうせいい企業ないんじゃないの?

確かに、三菱商事、マッキンゼー、Googleなどの超有名企業は紹介先にありません。エージェントに頼らずとも学生の集客ができるからですね。

とはいえ、例えばGoodfindのHPを見ると、メガベンチャーの代表格のDeNAや直近で上場を果たしたfreeeなど、有名ベンチャー企業が名を連ねていて企業の質はかなり高いと思います。

エージェントって信用できるの?

正直これは出会った就活エージェントによります。確かに「自分が全然希望しない求人ばかり紹介された」という話も聞きます。

ただ、「就活エージェントサービス」が便利なことには変わりないので、複数人のエージェントと会って自分にフィットした人とだけやり取りをする、と言う方法がいいでしょう。

就活エージェントの使い倒し方

就活エージェントを初めて使う時には不安があると思いますが、僕が就活生なら下記のようにとことん利用して使い倒すと思います。

  • 自己分析の壁打ち相手になってもら
  • 業界・企業の選び方を教わる
  • ES添削をしてもらう

これらが全て無料で受けられるのであれば、使わない手はないかなと思います。

そして、あなたが興味のない企業をエージェントが進めてきたからと言って、必ずしも応募する必要はありませんし、そのエージェントじゃないと紹介できない企業なんてありませんから無視してOK。

就活エージェントを比較してみた

比較したのはこの3社。実際に自分が取材をしたり直接一緒に仕事をしたことがあるエージェントだけを紹介します。

他にも就活エージェントはたくさんあるのですが、あまりに多くに登録をすると情報過多になってしまって整理ができないので、厳選した3つだけを紹介しています。

  • キャリアチケット
  • Goodfindエージェント
  • リクナビ就職エージェント

これらは、目的・用途別に使い分けるのが良いかなと思います。

  • キャリアチケット→丁寧なキャリアカウンセリングを受けたい
  • Goodfindエージェント→難関企業を紹介してほしい
  • リクナビ就職エージェント→とにかく大量の企業をみたい

キャリアチケット

キャリアチケットは量より質の就活エージェントで、カウンセリングの丁寧さに定評があります。

運営元のレバレジーズ社には成長意欲の高い高学歴層の社員が入社しており、就活でベンチャーを考える上であなたに色々な視点をくれます。

Goodfindエージェント

Goodfindエージェントは、難関企業やベンチャーとのパイプが強いエージェントです。

ただしその分利用学生は限定されており、2021年では関東学生の限られた人たちのみ。

僕は以前にベンチャーで新卒採用担当をしていて、その時にGoodfindの方にお世話になっていましたが、優秀な方も多く信頼できる会社でした。

リクナビ就職エージェント

リクナビ就職エージェントは、日本最大級の掲載数が強みです。対象学生も現役から留年生まで、エージェントに希望を言って、とにかく多くの企業を見てみると良いです。

エージェントごとのイメージは服に例えると次のような感じ。

Goodfindキャリアチケット:セレクトショップ (数は少ないがコンセプトが明確)

リクナビ就職エージェント:ファストファッション(万人ウケする商品だが数が多い)

どちらが優れていると言う話ではなく、用途が異なるのでそれぞれの強い部分だけを自分のために利用する、と言うのが大事ですね。

では本日のまとめです。

  • 就活エージェントは基本無料のサービス
  • 自己分析、業界・企業分析、ES添削や面接対策など就活の全てをマンツーマンで教えてもらえる
  • ただしエージェントの質はバラバラ。複数登録して自分に会った人だけと付き合うのがオススメ
今すぐに登録すべきオススメ就活サイト
  • 就活を始めたけど何から手をつけていいのかわからない
  • このまま就活を続けていて、やりたい仕事が見つかるのだろうか
  • 希望の会社から内定が出なかったらどうしよう

 

就活は誰もが不安になります。だってやったことないことだから当たり前。

そんな時には、就活を一足先に終えた社会人の先輩の経験をうまく活用しましょう。昔と違って、今はインターネットさえあれば就活をうまく乗り越えるための情報を手に入れるチャンスがたくさんあります。

納得のいく就活ができ、希望する会社に内定をもらうための強力な武器となるサービスを紹介します。就活生の人は是非ご覧ください。

詳細はこちらから