就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
スタートアップ

ベンチャーから大企業へは転職できないと言われてるけど、それ嘘です

今日は次のような悩みをもつ方向けの記事です。

ベンチャーから大企業って転職難しいのかな。どうやって転職するんだろう

世の中では、ベンチャーから大企業に入るとか無理ゲーだと言われてますが、それは全く嘘であることをお伝えしようと思います。

実際に私も15人ぐらいのベンチャー企業から東証一部上場企業の企画職に転職してますし、周りでも何人も事例をみてます。

この記事を読むことで、下記がわかります。全部で3分くらいです。

  • ベンチャーから大企業に転職する事例が多いのはなぜか
  • どういう風にすれば転職できるのか

大企業がベンチャー企業出身者を採用するケースが増えている理由

大企業がベンチャー企業出身者を採用する事例は多くなってきました。理由が次の2つ。

①そもそもベンチャー企業へいく人材が増えた

そもそもベンチャー企業へ行く人材が増えていることがあります。

例えば、資金調達をしたベンチャー企業は2017年で1,362社いるようです。

2018年11月22日時点での東証一部上場企業の数は2,114社なので大企業の半分以上ベンチャー企業はあると思うと結構多いですね。

ベンチャー企業も人をどんどん雇っていきますし、最初は中途採用市場で経験者をとることがほとんどですから、ベンチャー企業の数の増加に伴ってそこに就職する人の絶対数が増えていることが予想できます。

また今では東大京大などの一流大学卒の優秀な学生が新卒でベンチャーを選ぶというケースも徐々に出てきていますので、ベンチャー企業=一部の変わり者・リスクをとっている人がいるという訳ではなくなってきました。

現に僕の京大卒の友達でも、三菱商事やマッキンゼーなどの大企業を辞めてベンチャー企業に転職する例を割と聞きます。

②大企業側がベンチャー企業出身者を採用する必要が増えた

二つ目の理由は大企業がベンチャー企業出身者を必要とするシーンが増えたからです。

いわゆる日本の大企業はこれまでオフラインの事業を中心にして大きくなってきた会社が多いですよね。しかし今やITが関わらない業界はありません。

大手企業は、自社がやったことない事業をする時には、社内でいきのいい若手社員を集めて「新規事業部」を立ち上げるというあるあるを見たことがあると思います。

ただこれで新規事業が成功したら苦労しないわけで、だいたいこういうのは会社の経営陣がノリで立ち上げてるのであまり上手くいかない。

だから、他社から知見のある人材を中途採用で引っ張ってくる企業が多くなって来ました。

そうなると、例えばこれまでwebでの集客を外部に委託していた企業が自社でやろうとすればWeb 業界の人が必要ですし、自社製品をSNSを使って海外の人に販売したいとなれば、SNSの広告運用やマーケティングに強い人が採用されるわけです。

となると自然にそういう人材はベンチャー企業にいるので、ベンチャーからの出身者が採用されるケースが多くなります。

大企業からベンチャーはいつでも行けるって言う嘘

ちょっと余談ですが、、

大企業からベンチャーはいつでも行けるけど、ベンチャーから大企業はいけないからとりあえず大企業入るのが正解

大企業もベンチャーも経験した僕からすると、大企業からベンチャーはいつでも行けるという主張の方はかなり怪しいと思っています。

そもそも大企業とベンチャーでは、仕事をする上で重視されるスタンスが違います。ベンチャーでは、

  • 短期的に一気に業績を伸ばすことが求められる
  • 役割の分担というのはあまりなく、必要だと思った人が自分の役職や職種を越えてガンガンやっていくということが良しとされる

ここで必要なのは「自分で意思決定するんだ」というスタンスなのですが、大企業に入るとどうしても自分でし決定するという機会はほぼありません。

会議体や稟議などを通して、多くの人の目にさらすことで、不確実性をできるだけ取り除いて意思決定をしていきます。

こういうと大企業スピード感遅いという話が出て来ますが、これはいい悪いではなく、その会社の大きさに合った意思決定の仕方をしているだけです。

ここで一社員として大事なのは、大企業にずっと長いこといるとベンチャー企業で必要なマインドセット・スキルセットが身につきにくいということです。だからベンチャーにいきなり行っても何もできなくなります。ベンチャー企業も大企業出身だから採用するなんて甘いことはありません。

実際に採用責任者をやっていた時も、大企業出身なので一旦書類選考は通り、一回会ってみると全然マインドが合わなかったりして採用できないことが10人に8人くらいの割合でありました。

ちなみに面接では、どれだけ自分事に捉えて(要は当事者意識を持って)仕事をしてきたかを見ていました。

そこで面接で落ちる例を挙げれば、転職理由が他責思考に感じる場合や、仕事でうまくいかなかった時の理由が他責思考であること、困難な状況を帰るためにあまり努力をしてなさそうというのがわかると、ベンチャー企業には向いてないなと思ってお断りさせていただいてました。

もちろん大企業にも自分の役職に関わらずあるべき姿に向かって周りを巻き込んでビジネスをしてる人がいますので一概には言えません。

でもそもそもそんな人はベンチャーに行こうが自分で起業して事業をしようが成功する人だと思いますので例外とすると、

一般的には大企業の文化に染まってしまうとベンチャーに向かない人材になってしまう可能性が高いと思います。だから大企業にいてベンチャーに興味があるなあ、と思ったら、早めに行動しないと大企業臭のする人材になってしまいます。

ベンチャーから大企業に戻ってみての感想【実体験】

実際に私もベンチャー企業から大企業に戻ったのになんですがそれぞれの共通点と違う点を身にしみて感じています。

大企業で活躍する人とベンチャーで活躍する人っていうのはトップ層に関しては似てるなあと思います。

  • 自分の役職だからといって範囲を狭めず
  • こうあるべきという強いビジョンを持って、スピード感を持って取り組む
  • それでいてハードワークをしている
  • 結果を残して周りを巻き込んでいく

こういう人はベンチャーでも自分で起業しても成功する確率高いだろうなと思います。

一方で平社員で見ると仕事で必要なことが結構違うなと思います。実際私はベンチャーでマネージャーをやってたんですが、何かをするときにほとんど会社の役員に許可を求めることはなく自分で判断をして実行するように言われていました。

日本で今は大企業では何かを決める時には、

  • 過去にそれをやろうとした時にどうだったか
  • それをやることによる影響はどうか

を細かく分析をして自分のマネージャー部長と何回も会議ですり合わせ最終的には意思決定機関に持ち込んでプレゼンをし、承認されればようやく始動、というフローをたどることが一般的です。

どちらも経験して今分かるのですが、正直大企業のプロセスはめんどくさいです。

でも今いる会社は社員5000人ぐらいなので、適当に誰かが決めて誰かが決めたことが5000人に影響すると思うと可能な限り方向性を間違えないように分析をすることの方がスピード感よりも優先される、というだけだなあと納得してます。

つまり、意思決定で最速かつ深く検討をするのが一番なのですが、会社のステージやスタンスとしてどっちを優先するのかというだけだ、ということです。

まとめると、ベンチャー企業で求められる能力は

  • とにかく早く自分で行動をすること
  • 周りに頼らずに自分で意思決定をしていくこと

ですし、一方大企業では、

  • できるだけ手戻らないように深く周りの影響事業へのインパクトを分析をして考えること
  • 多数の利害関係者を一つのゴールに向かうことを通じてまとめること

という感じかなと思います。

【まとめ】結局ベンチャーから大企業へ転職すべき?

ここまでまとめます。

  • ベンチャー出身者を大企業も採用する傾向にあるので、転職は可能
  • 実際ベンチャーから大企業に戻ってみたら、それぞれの良さがあった

この記事を読んでいる方は現在ベンチャー企業に勤めていて、

このまま今のベンチャーで仕事を続けていくのはキャリア的に微妙かも。。。

と思っている方も多いと思います。そうは言っても、大企業は

  • 縦割なので業務の一部しかできない
  • 無駄な書類の手続きが多い
  • 意思決定スピードが遅い

と言うデメリットをよく聞きますよね。僕自身も同じように、

大企業に転職したら自分の成長速度が遅くなってしまうのではないか

と懸念していました。

ただ実際に転職してみて、これらのデメリットを補って余りあるメリットが大企業にある、と思ってます。

ベンチャーになくて大企業にある利点は次の通り。

  • 優秀な人が多い
  • 自分が身に付けたい能力を磨くことに集中できる
  • 大企業が持つブランドを利用できる

ベンチャーから大企業への転職には、大企業とのパイプが強いエージェントと二人三脚で行くのが良いです。そのためには信頼できるエージェントを見つけることが一番。

オススメのエージェントは下記の4社です。

あわせて読みたい
【20代転職】ここだけは外せない!20代向け転職エージェント3選今日は20代におすすめのエージェント/転職サイトを厳選してご紹介します。 私が実際に転職時に使ってよかったものだけをオスス...

自分の体験を通じて情報を集め、深く思考し、決断する

情報収集は大事です。でももっと大事なのは自分で考えることです。

どうか、このブログの記事を読んでわかった気にならないでください。

深く思考するというのもよく勘違いされていますが、深い思考=長時間自分で考え抜くことではありません。

だから、自分は大企業に行くべきなのかベンチャーに行くべきなのかというのを考えるのは、自分一人で考えていても良い結論には至らないということです。

そのためにプロの転職エージェントがいるので、使えるものはどんどん使いましょう。

あわせて読みたい
【20代転職】ここだけは外せない!20代向け転職エージェント3選今日は20代におすすめのエージェント/転職サイトを厳選してご紹介します。 私が実際に転職時に使ってよかったものだけをオスス...

今すぐに転職を考えていなくてもエージェントに登録をしないと損する理由

皆さんは、次のように思っていないでしょうか?

  • まだ今の仕事で学べることがあるから、転職は考えていないからエージェントには登録してない
  • 転職は興味はあるけど、エージェントに登録するほどでもないかも
  • エージェントに登録すると、面談を受けろとしつこく勧誘されるから面倒臭い
  • エージェントに登録をしなくても、自分で探せる

もしこう考えて、転職エージェントに登録をしていないならば、あなたはキャリアで損をしている可能性があります。

転職エージェントは、転職をしようと思った時に登録をするものではありません。むしろ今の仕事に真剣に取り組むためにも、転職活動をする前から登録をしておくべきものです。

僕は直近で転職意向がなくても、1年に1回は信頼できるエージェントと面談し下記内容を話しています。

  • 直近の転職マーケットの動向
  • 自分が今の会社で身につけているスキルが、他企業からはどう評価されているのか
  • 今後フリーで働いていく為にはどのようなスキルを身につけておけば良いか

転職のみならず、仕事で成功を収める人は、常に自分の取り組んでいる仕事が外部からどのように評価をされるのかを知っています。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。ぜひご参考にしてください。

\詳細は↓の画像をクリック/