就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
スタートアップ

【解説】ベンチャーへ転職考えてるけど、ストックオプションって何?

こんにちは。トニー(@lesson_now)です。今日は次のような人向けの記事です。

ベンチャーへの転職を考えているけど、ストックオプションって何だろう。どのくらいもらえる?転職時にどのくらい決め手になる?かを知りたい。

僕自身前職のベンチャーでは経営幹部だったので、ストックオプションに関して実体験を元にお伝えできると思います。

本記事では下記を解説します。

  • ストックオプションって何?
  • ストックオプションってどのくらいもらえるの?
  • ストックオプションはベンチャー転職時にどれほど決め手になる?

ベンチャー転職でよく聞く「ストックオプション」って何?

ストックオプションとは?

「ストックオプションとは、あらかじめ決められた価格で自社株を購入する権利」のことです。現金ではなく生株でもなく、あくまで「権利」です。

例えばX社の株を1株100円で1%分の株を購入できる権利をもらったとします。

その後X社は上場し、株価は1株1,000円となりました。

そして実際に権利を行使すると下記のようになります。

X社の上場時の総発行株式数が500万株だとすると、1%は5万株なので、

50,000(株)×1,000(円) – 50,000(株)×100(円) =4,500万円 

転職する側としてどう言う意味合いをもつ?

ストックオプションは、ベンチャーを立ち上げる創業メンバーや入社してくる社員への給与の代わりとして配布されます。

立ち上げまもないスタートアップは、十分な給与を払えるだけの事業が育っていませんので、給料は低めにせざるを得ません。

その代わりに、上場時の莫大なリターンを得られる可能性あるストックオプションを与えることで、創業メンバー以下の従業員のモチベーションを引き上げるツールとして使われることが多いです

もらったらすぐに使えるわけではない

上で述べたとおり、ストックオプションは入社後いつでも権利行使ができて億万長者、というものではありません。

会社によっては上場後〇〇年以内(以降)じゃないと権利行使NGと言う契約を別途締結します。

ベンチャーに転職したら、ストックオプションてどのくらいもらえるの?

そもそももらえない会社もある

ベンチャー企業に入社したからといって、必ずしもストックオプションが配布されるとは限りません。

例えば、2017年に上場したWantedlyでは、代表取締役の仲暁子さん以外は執行役員を覗くと従業員にはストックオプションを配布していないことで話題になりましたね。他にも創業者の自分以外には一切株を配布しないスタンスの経営者もいます。

もらえるとして標準は5~10%

創業メンバーも含め、配布されるのは全株式の5~10%程度を上限目安とするのが相場と言われています。

日本の場合慣習上(ある意味ファイナンス理論的根拠のない)、上場時の資本市場と主幹事証券及び未上場時点での株主の相場観として、SOの総枠は10%前後という感覚がある。

その中で、
①CXOの取締役クラスの採用、リテンション、報酬
②従業員のリテンション、報酬
を賄わなければならない。

そういう意味では、②の中でも上位10人のキーマンの平均が0.34%というのは肌感覚と合う。

ちなみに、本文中にはないが、①に関しては一本釣り採用時点で~1%、リテンション、報酬で~1%というイメージ。

SOはキーマンから順に枠を確保していくのがセオリーなので、取締役クラスを後何人採用しないといけないのかから逆算して、残りを従業員の枠として考えておくのがいいだろう。(グロービス・キャピタル・パートナーズ 高宮氏のNewsPickslコメントより

最近の事例(メルカリの場合)

メルカリ共同創業者で取締役の富島さんは、メルカリのサービスの立ち上げを一手に担ってきた人で7.2%の株式を取得しています。また他の従業員でも0.08〜0.1%の株を取得している人は8人ほどいますね。(参考:メルカリ 上場目論見書より)

メルカリの株式の0.01%ってどのくらいの資産なのか?と言うと、メルカリの株の0.1%は約14万株。2019/1/4時点で1株1,849円なので、約2.5億円ですね。

サラリーマンの生涯年収くらいですね。

ストックオプションはベンチャー転職時にどれほど決め手になる?

金額と権利行使できる確率次第

確かにメルカリほどの会社でストックオプションを0.1%持っていたら人生変わるのでかなり魅力的ですよね

とはいえ、ベンチャーのうち90%以上が倒産するか、事業は利益が出ているけど成長は全くしていない(ベンチャーのソンビ化)のが現実

どれだけの会社がメルカリレベルまで行けるのかを確率論で見てみるとかなり低いので、ストックオプションをあまり当てにしすぎない方が賢明です。

自分が成長させるんだと言う強いマインドを持てるかどうか次第

また、メルカリでもストックオプションをもらっている社員は30人もいません(メルカリの従業員数は1,000人超)。創業初期に入らないとストックオプションは難しいでしょう。

更に、ストックオプションを取得しても上場まで行かなければ1円にもなりません。なので、その会社がどれだけ優れたビジネスモデルを持ち市場で影響力を持てるか次第です。

また、「優れたビジネスモデルとチームがあるベンチャーに入ろう」と言うマインドでは必ずベンチャーでは活躍できません。

あなたが入ることによって、どれだけチームを強くできるか、プロダクトをどれほど改善できるか、事業を拡大できるか次第ですので、「いい流れに乗っかろう」マインドの人はしんどい時期に踏ん張りきれなくなります

会社ごとのストックオプションの配布の有無はあまりネット上には情報が出ていないので、気になる会社があればエージェントに質問をしたり、エージェントを通じて企業側に確認をしてもらうのがいいでしょう。

こちらの記事ではベンチャーに強いエージェントを紹介しているので、よければご参照ください。

あわせて読みたい
ベンチャーへの転職にオススメの転職エージェント【元採用担当目線】現在転職を考えており、ベンチャーが気になっている方へ。ベンチャーへの転職のポイントと、オススメのエージェントを知りたいと考えていませんか...

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら