就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
スタートアップ

ベンチャー転職の志望動機はこれだけでOK【元採用担当が語る】

こんにちは。今日は次のような人向けの記事です。

ベンチャーの志望動機ってどんなものがあるのか知りたい。ついでに受かる志望動機の書き方を知りたいなあ

構成としては次の通りです。

  • よくあるベンチャーへの志望動機
  • 受かる志望動機の書き方
  • そこまでベンチャーの志望動機が強くないが、ベンチャーへの転職には興味ある人へ

前職のベンチャーでは採用担当をしており、月に100人以上の履歴書をみていたので、ベンチャー転職の志望動機に関しては結構詳しいと思います。

ベンチャーに転職する志望動機あるある

ベンチャーに転職をしたい人の志望動機でよく見かけるのが、次の3点です。

  1. 成長したい(個人の裁量がほしい、スピード感を持って働きたい)
  2. 自由闊達に意見を言い合える風土で働きたい
  3. 新たな価値を生み出して世の中を良くする仕事がしたい

上記のいずれかに該当すれば、それだけで立派な「ベンチャー転職の志望動機」です。

ただし、これをそのまま志望動機として書いても書類選考で落ちます。落ちる志望動機に共通するのは「ベクトルが内向き」であること

ベンチャーへ転職を考える人は、ビジネスマンとしての成長を考えてる人が多いと思いますが、自分が成長したいことを志望動機としても、受け手側からすると「こちらのメリットは?」となって書類選考終了です。

【ベンチャー転職】受かる志望動機の書き方とは

大企業やメガベンチャーだと異なるのですが、特にベンチャーの志望動機では次の2点が重要です。

なぜこの会社のこの事業か、という「想い」を重視する

ベンチャーは大手ほど給料も高くないし、労働時間も長いなど、労働環境が良いとは言えません。そのため、

  • ベンチャーはキラキラしてて今時だから楽しそう
  • 成長できそう
  • 自由に意見が言い合える風土があって好き

程度では、すぐに嫌になってしまいます。

「この会社のビジョンに共感して、何があってもその世界を実現したい」という想いがないと、業績が悪い時、人が辞めていったときなどの辛い時に踏ん張り切ることができません。

採用担当としても、「なぜ沢山候補がある中からウチを選ぶのですか?」と聞く背景には「入社後にこの人が頑張り続けるモチベーションの源泉はどこにあるのだろう」ということを見極めたいという意図ががあります。

ストーリーを重視する(想いの強さ、一貫性)

「想い」とも関連するのですが、ベンチャーの志望動機ではストーリーを特に重視します。なぜあなたは「この事業を通じてこの世の中を実現したい」と思うのか?という必然性をとうわけです。

そもそも、人はストーリーに心を動かされます。例えば、メルカリに転職したい人が志望動機を書く場合を考えてみましょう。試しに2パターンで書いてみます(架空の志望動機です)。

【パターン①】

メルカリはCtoCのプラットフォーマーとして今一番日本で力を持っているので、そのプラットフォーム上で決済、モノの貸し借り、などができればとても良い世界になると強く思っています。

そのため、貴社に入社した暁には、今のプロダクトがもっと多くの人に使われるような世界を創るためにマーケティングの部署に携わっていきたいです。

 

【パターン②】

私は就職活動時に「モノの流れ」を知り、その流れをより滑らかにすることがビジネスの根本だと考え、商社に入社をしました。

商社では天然資源を扱っていたのですが、3年働いた今、自分は「より身近なモノの流れ」を知ることの方に興味を持っていることに気づきました。

貴社に入社した暁には、「身近なモノの流れ」を滑らかにすることで、日常生活に根ざしたシーンで人々の幸福度をあげる仕事に携わりたいとと思っています。

実際の書類選考や面接では②も突っ込みどろこはあるのですが、①よりも「なぜメルカリに興味があるのか」のストーリーがあることがわかりますでしょうか。

繰り返しですが「なぜこの事業に関わりたいのか」と言う想いがベースにないと、ベンチャーでの仕事に精神的に耐えられなくなってしまうので、志望動機に想いを重視しているベンチャーが多いように感じます。

なお、ストーリーを見ないベンチャーの採用は、次のいずれかなので注意が必要です。

  1. あなたが優秀で何が何でも採用したい
  2. 人が足りなくてある程度誰でもいいから頭数が欲しい

特に②の場合は、大量に採用してそのうち一部が残って活躍できれば後の人は要らない、と言う考え方である会社なので、会社が育ててくれる・成長のチャンスをくれるなどどは間違っても思わないようにしましょう。

そこまでベンチャーの志望動機が強くないが、ベンチャーへの転職には興味ある人へ

ここまで読んでいただいて、

志望動機を考えてみたけど、自分にはそこまでベンチャーに転職するためのしっかりした動機がないかも…

と言う人もいるでしょう。そんな時は次のように考えてみると良いと思います。

仕事で実現したいことは本当にベンチャーじゃないとできないのか?を熟考する

なんとなくのイメージでベンチャーに転職すると必ず失敗します。

入社後数ヶ月間は、前職との比較で自由に働けて楽しく感じるボーナスステージがあります。

しかし、1年ほど経過すると、事業で壁にぶつかったり、組織が上手くまとまらなかったりと困難にぶつかります。

  • 人は次々辞めていく
  • 事業を拡大する資金も不十分
  • 人的リソースも限定的

となった時でも、あなたがベンチャーで成し遂げたいことが確固たるものなら、良い経験になります。それがないとしんどくなってしまうので、ベンチャーはオススメしません。

実際僕もノリでベンチャーに行ってしまったので、その点はもっと事前に覚悟してから行くべきだったと後悔しています。

強い意志は対話によって引き出される

自分の頭で考えていても考えが発展しない時でも、人との対話の中で自分の考え方が整理されていくという経験はありませんか?

転職に関しても同様で、ベンチャーに転職したい気持ちはあるけどまだ曖昧だなあと思ったら、その想いを誰か他人に話してみることで整理されます。

最初は仲の良い友人やパートナーでも良いと思います。しかし、本格的に検討をしたい・プロの意見を聞いてみたいとなったら、やはり転職エージェントが適任です。

実際に僕が面談経験のあるエージェントの中で、ベンチャーの転職に強いエージェントをまとめた記事を書いていますので、よければ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ベンチャーへの転職にオススメの転職エージェント【元採用担当目線】現在転職を考えており、ベンチャーが気になっている方へ。ベンチャーへの転職のポイントと、オススメのエージェントを知りたいと考えていませんか...

僕は今でも、将来の転職に向けて登録だけしてベンチャーの情報を得ています。なので、とりあえず登録だけ情報を垂れ流しておくのでもOKです。

転職をする・しないに関わらず、自分のキャリアについて意思を持っておくことは非常に重要だと思うので、誰かとの対話を通じて思考を整理するのがベストです^^

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら