就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
スタートアップ

【ベンチャー転職】元採用担当がベンチャーの7つの見極め方を解説

今日は次のような悩みを持つ人向けの記事です。

ベンチャーへの転職を考えてるけど、良いベンチャーと悪いベンチャーの見極め方を知りたいなあ

僕は新卒で入った大企業を辞めてベンチャーに転職した際に、見極め方を知らずに選んでしまいました。

僕と同じ失敗をしないように、ベンチャーを見極めるポイントをお伝えできればと思います。

ベンチャーの見極め方

ベンチャーの見極め方を7つのポイントにまとめました。

ビジネスモデル

「顧客に提供している価値は何で、どこから利益を得ているか」を知りましょう

プロの投資家ではないので、ビジネスモデルの高度な分析とかはやろうと思っても無理です。

まずはその会社のサービスを実際に利用して見るのが第一歩です。また、利用してるユーザーの声を聞いてみましょう。BtoBのサービスでもプロダクトの紹介動画などがネット上にあるので、それを見てみるのもオススメです。

自分1人では考えられないという人は、その業界に詳しい人に聞きましょう。また、最近はベンチャーのビジネスモデルを図解で解説している本もあるので、これらを活用して情報収集しましょう。

世の中に情報は溢れているのですが「情報収集スキル」は個人差がかなりあると思います。狭い世界の情報だけで意思決定して失敗しないように、幅広く情報収集しましょう。

ちなみに、なぜビジネスモデルの見極めが重要かと言うと、会社として稼げる力がなければベンチャーで働く旨味が少ないからです。

稼げない事業で働いていると、

  • 自分自身の成長実感も得られない
  • 事業への投資額も少ないので、何か仕掛けようと思っても打ち手が限定される

という感じでいいことありません。

会社規模

2,3人のベンチャーなのか、20人のベンチャーなのか、200人のベンチャーなのかで会社の雰囲気や自分の仕事内容は全く異なってきます。

ざっくりですが、従業員の人数規模ごとのベンチャーの様子は次のようなイメージです。

【従業員:2,3人】

ほぼ創業メンバーとして迎えられ、役割分担などほぼない。社長でも営業したり開発したりするフェーズ。例えば事業の立ち上げなら、「売れるプロダクトを考えて、設計して、値段も決めて、販路を開拓して、実際に営業して、顧客のサポートもして、足りない営業マンは自分で採用する」という感じ。

【従業員:10~20人】

2,3人よりはまだチームがあるが、まだまだ組織化はされていない。同じことをやる人がチームに2,3人はいるけど、それぞれが別のミッションを担い1人で動くことが多い。全社員で合宿とかも全然まだできる。

【従業員:100人~】

100人以上:組織化がされ中間管理職もできてチームが複数ある。とはいえまだ全社員を集めて社長がメッセージとかはできる。隣の人が何しているのかわからない状態。会議体も必要。営業ならsalesforceのようなツールが必要。

自分が「ベンチャーで働きたい」と思った時に、イメージに近い環境を選ぶようにすることが入社後のギャップを小さくする上で重要です。

離職率

社員がどのくらいで入れ替わっているのかを知ろうとすることは重要です。さすがに自分で調べるのは難しいので、ベンチャーに詳しいエージェントに聞くのがいいでしょう。

社員みんなが長くい続ければ良い、短いサイクルだからダメだという話ではありませんが、あまりに短期間に大量の人が辞めていく組織は黄色信号と思った方がいいです。

会社によっては「大量に採用して大量の仕事を与えて、90%の人は潰れるけど10%のやりきった人だけを残して昇格させる」と言う人材育成(?)制度を取っているところもあるから気をつけましょう。

役員や幹部社員のバックグラウンド

幹部社員のバックグラウンドによって会社の雰囲気や制度は左右されます。

大学時に起業して、新卒で就職せずにそのまま会社を経営しているベンチャーと、大企業を渡り歩いて独立して起業しているベンチャーでは、会社の雰囲気などがやはり異なります。

実際に自分で会社に行ってみるのが一番ですが、やはり成長しているベンチャーは、幹部に大企業出身者が入っているケースが多いです。

ベンチャーでも、自分たちのお客さんは大企業になったりするので、大きな組織がどのようなロジックで動くのかを深く理解している人が内部にいるかどうかは、会社の成熟度合いや強さに影響を与える印象があります。

資金調達額

会社を運営する上での資金は、「自分で用意する」or「借りる」ですが、「借りる」手段として大きく2つに分かれます。

  1. エクイティファイナンス
  2. デットファイナンス

よくニュースなどでみる「XXが●億円を資金調達!」というのは前者です(後者は銀行からの借入金など)。

資金調達額は、その会社のビジネスモデルや組織が資本市場で期待をされている一定の目安になるので、どんな会社が資金調達をしているのかを知っておくのはいいでしょう。

for Startups社が運営するSTARTUP DBでは、最新資金調情報がみれます。

社長が目指している世界

会社は社長の器で決まると言われます。

社長がどこまで目指しているのかによって、その会社が成し遂げられる仕事の大きさが決まります。

とはいえ、「会社のビジョンとかは正直なんでもよく、成長できる環境であればいい!」という人なら気にしなくて良い項目です。

もしあなたが会社のビジョン重視なら、出来るだけ情報収集した方が良いでしょう。

「このベンチャーの社長が語っているビジョンにはとても共感ができる!」と思って入社したけど、全然やりたい領域の仕事ができなかったという惨事になる可能性があります。

ぶっちゃけ入社してみないと分からない点も多々ありますが、実際に働いている人に次のように聞くとビジョンと実態の乖離はわかるかもしれません。

実際に働いている人の感想

ここまでは比較的ネット上で調べれば出てくる情報も多かったのですが、実はそれだけでは足りません。

ベンチャーは大企業と比べて、口コミサイトなどの情報もあまり多くないため、実際に働いている人に話を聞くのが一番リアルな情報を得れます。

そう言われてもベンチャーで働いている知り合いがそんなに多くないけど…

という方は、こちらの記事でベンチャーに勤めている人と簡単に繋がれるサービスを紹介しているので、参考にしてみてください。

見極めに失敗したら結構しんどめ

自分も含めてですが、周りにもベンチャーの見極めに失敗した人が何人もいるので、その事例を紹介します。

事例1:組織として仕事するというより個人プレー

大手から転職してきてベンチャーに入ったけど、

  • 実現しようとしている世界にあまり価値がない(今やっていることでは時間がかかりすぎる)
  • ビジネスモデル的に微妙(売り上げが大きく立ちにくい)
  • 組織作りとかもやりたいと思ったけど、チームで何かやろうとしているのではなく、個人プレイが多い。

ということで色々想定外だったので退職。

事例2:意外に社員が全然優秀じゃない

もともとIPO目指して入ってきたのに、その気配がない。

また、経営メンバーは優秀だが、他の社員が全然優秀じゃなく、現場が全然回っていない。結果としてレベルが低いことまでカバーしてあげないとダメな環境が不満。

事例3:何でも屋さんになってしまう

器用貧乏になってしまってスキルが身につかない。自分で意思決定する機会は多いが、同時に厳しく意思決定フローをチェックするような機能が会社にないので、意思決定の質が上がらない。

大企業の方がしっかり腰をすえてスキルを身につけれる。

事例4:自律できない人だと誰も指導してくれない

ベンチャーって今時でキラキラしているので入ってきたけど、自分の強みが発揮できない。結果も出てないから給料も上がらないし、結局平社員のままずっといて、30も超えたし、もう転職できない。

事例5:ベンチャーで活躍するための能力が足りない

友人のつてでベンチャーに入ったが、仕事ができずにクビになった。その後どこも雇ってくれるところもなく、フリーターをしている。

そもそそもあなたにとって良いベンチャーとは

「どんな人でも合うベンチャー」なんてあり得ないので、「あなたにとって」良いベンチャーとは何かを見極めなければなりません。

そのためには「ベンチャーで何を得たいか」をはっきり認識できているかが重要です

ただ、これを一人で考えぬくのはかなり難易度が高いので、エージェントとの対話の中で、この認識レベルを高めていくことをオススメします。エージェントも上手く使えばかなり良い味方になってくれます。

こちらの記事では、元採用担当の私から見て、オススメのベンチャー転職エージェントを紹介しているので、よければご覧ください。

あわせて読みたい
ベンチャーへの転職にオススメの転職エージェント【元採用担当目線】現在転職を考えており、ベンチャーが気になっている方へ。ベンチャーへの転職のポイントと、オススメのエージェントを知りたいと考えていませんか...

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら