就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
就活

新卒ベンチャーはやめとけ、と元採用担当が思う3つの理由

こんにちは。1年前までベンチャー企業で新卒と中途の採用担当をしていたトニー(@lesson_now)です。

結論から言うと、よほどの確信がない限り「新卒でベンチャーは本当にやめとけ」と強く思っています。

私はベンチャー企業で働いていた時のご縁で、周りにもベンチャーで採用を経験した人が多いのですが、皆「迷うなら新卒では大企業に行ったほうがいい」とはっきりいっています。

私は現在は大企業勤めですので、ベンチャーの良い悪いも(大企業の良い悪いも)わかります。なぜ新卒でベンチャー企業は避けたほうがいいのか?皆さんの疑問に答えます。

これが理由ならベンチャーに行ってはいけない!NG志望動機

まずは、「ベンチャー行きたいです!」と言っている学生からよく聞く「ベンチャーに行きたい理由」を見て行きましょう。下記の理由でベンチャーに行きたいと思っているなら、やめておいたほうがいいです。

とにかく成長をしたいのでベンチャーに行きたい

これは本当に罪ですね…たぶんベンチャーにいきたい新卒の99%が少なくともこれを1つの理由にしているかと。

こちらの記事でも書いたのですが、そもそも「成長ってなに!」を考えてみると、大企業のほうが「多くの人がイメージしている成長」をできる可能性が高いんですね。

いやいや自分は本気だ、とみんななぜか自分のことだけは特別に思うのですが(心理学用語で正常性バイアスといいます)

若いうちから裁量権がほしいからベンチャーに行きたい

本当に新卒1年目から裁量権あったほうがいいと思いますか?

私がいたベンチャーでも新卒入社1週間後に事業の責任者をやっていた子がいました(飛びぬけて優秀というわけではなく、人手不足だったのと本人がやりたがっていたので)。

実際どうかというと、「何もできず右往左往」していました。でも、そりゃそうです。

これまでベンチャー企業で働いたことない、せいぜいインターンやビジコンでビジネスごっこをしていたかもしれませんが、急に自分ひとりで事業全体をまわす役目になり、まず何から始めていいかわからない。

これがベンチャーでの裁量権を任せられた新卒がとる行動です。

「いやいや自分はできる」とここでもまた正常性バイアスがかかりますが、本当に新卒でも裁量持たされて活躍するのは1%未満だと思います。

せいぜい営業ができて社内で表彰されるとかはありますが、事業全体見るってめっちゃ大変ですからね。

「自分は世の中の流れと人の心理を読み、マーケティング感覚に優れていて、お金に換えるビジネス感覚やスキルがある」という人の中で更に、実際に在学中に何か行動に移して結果を出している人だけが「俺、裁量権ほしいっす」といってよいです。

あとは本当に悲惨なことになります。

優秀な人と働きたいからベンチャーに行きたい

これも私も完全に勘違いしていましたが、優秀な人は「大企業のほうが多い」です。

頭を働かせると明らかですが、

  • 大企業のほうが母数が多い(よって確率的に分母が大きければ分子=優秀な人が多い)
  • 大企業のほうがスクリーニングをしている(その年の新卒の学生のうち上澄みをとれる為)

ので、優秀な人がおおいのは大企業です。

こう言うと「いやいや大企業とベンチャーで優秀な人の定義が違うんだよ」と反論があるかと思いますが、ほとんどの人にとっては違いません。

私が見てきたベンチャー企業で活躍している人は、ほとんどが「大企業でも活躍していた人」だったし、ベンチャーをやめて大企業にいる今では「ビジネス上優秀な人が多い」と本当に感じます。

私はいま働いているメガベンチャーでは、副業ご自由にどうぞという風土なので、割とみんな副業していますが、本業で培ったビジネス感覚やプロジェクトの進め方を存分に副業に生かしてやっています。

学ぶ環境がほとんどなく自分で学びサバイブします!みたいなベンチャーの環境よりもいかに大企業が恵まれているかを痛感しています。

あなたはベンチャーごっこしたいだけじゃない?

「ベンチャーがいい!」と言っている自分に問いかけてみてほしいのが、

「なんとなくキラキラしたオフィスで自由な格好をして働き、変なおっさんたちに気を遣うことなく自由に発言ができる環境にいる自分が好き」なだけではないですか?

新卒を何十人も採用しているベンチャーの採用担当の友人と話していた時、

新卒で入った子はビジネス上間違ったことや非効率なことをしてても誰にも何にも注意されてない。誰も教えてあげないのが本当にその子のキャリアにとってかわいそう

と言っていました。

彼は総合商社からの転職組だったのですが、新卒で入った会社では徹底的にビジネスの基礎を叩き込まれたといっていました。

  • ロジカルに物事を考えるための訓練
  • 自分の構想を資料に落とす訓練
  • ビジネス相手を納得して動いてもらうためのコミュニケーション力

など、しっかり自分のために教えてくれる人(メンター)が1対1でついてくれます。

ベンチャーだとそんなことをやっている余裕が会社側でないので、メンターはついても超忙しく結局自分が自分で考えてやらなければならなくなります。

自分で考えてできるから成長するからいいじゃん!

って思いました?チャレンジと無謀を履き違えないように。

人が一番成長するのは「適切な課題」を与えられる環境で「適切な指導」を受けた時です。筋トレしたことない人がいきなり120㎏のベンチプレス上げるのがかっこいいと思いますか?泳いだことない人がいきなりトライアスロン出るのがいいチャレンジだと思います?

「俺はできる。やってやる。」という気合は結構ですが、正常性バイアスにかかってないかチェックして、よくよく考えて選択をしてくださいね。

メガベンチャーという選択肢

ベンチャー企業が気になっている人は、立ち上がって間もない時期のベンチャーではなく、ある程度安定してキャッシュがありながらもベンチャー気質があるメガベンチャーという選択肢もあります。

実際に僕もベンチャーもメガベンチャーも経験しましたが、メガベンチャーの新卒はかなり優秀なメンバーが多く、かなり厳しく指導されるのでベンチャーで自己流でやっているのとは比べ物にならないくらい成長します。

あわせて読みたい
【メガベンチャー一覧】メガベンは大手とベンチャーのいいとこ取り転職市場ではメガベンチャーは人気がありますが、実際に大手起業でもドベンチャーでもメガベンチャーでも働いたことがある経験を振り返りながら、...

また、メガベンチャーであれば副業もOKな会社が多いので、どうしても少人数で自分で事業全体を見たいというなら会社員+副業で自分でビジネスをやるのもいいでしょう

僕自身も本業とは別に、メディアの運営とwebライターをしていますが、メガベンチャー で身につけたスキルを生かして、個人事業主として自分でビジネスをしています。

会社と自分の事業とは学べることが異なっているので、互いに相乗効果があり良い循環になっています。

大企業とベンチャーで迷っている就活生が使うべきサービスとは?

大企業とベンチャーのどちらがいいのだろうか?

と悩んでいる人も多いでしょう。実際私も同じような悩みを抱えていました。

結論から言うと、自分で考えていても答えは出ません。

このブログを通じて情報収集してもらうのも大事なのですが、後悔しない決断をするためにも、やはり自分の目で見て判断するのが一番です。

就活関連のサービスは色々ありますが、まじで使わないと損するレベルで良いサービスを紹介します。

キャリアチケット

総合評価
企業の多さ
ES・面接対策の充実さ
対応の丁寧さ
サービスの手軽さ

キャリアチケットは有名なベンチャーのレバレジーズがやってるサービスです。結論から言うとこのサービスが一番オススメ

転職では一般的なエージェント方式を就活にも適用し、学生にキャリアアドバイザー が付きます。

ポイントを次の通りまとめます。

  • 過去、60,000名の就職支援をしてきたアドバイザーが専任で内定獲得まで個別サポート
  • 多数の学生を見てきたアドバイザーが、受かるES、GD、面接ノウハウをこっそりお伝え(内定率が1.2倍になる面接対策プログラム)
  • 大手企業のグループ会社、企業向けサービスで高いシェアを誇る安定企業など様々な優良企業
  • 多数の企業人事とつながりがあるため、特別推薦枠も多数

実際に働いた経験がないと、どこの企業を選んでいいのかわからないと言う気持ちになっている人も多いはず。

キャリアアドバイザーは、あなたが新卒で入社する会社を一緒になって考えてくれるので、自分に合わない企業に就職してしまうリスクを防げます。ブラック企業に行きたくない人などは必見。

早い人だと1週間くらいで内定が出ている実績もあるようです。

デメリットとしては、1都3県(千葉・埼玉・神奈川)+大阪でしか使えないこと。逆に言えば都心にいる就活生は登録マストです。地方の学生も就活で東京に出てくるタイミングを作れば、利用可能です。

キャリアチケットは今一押しのサービスで、運営元のレバレジーズに取材をしてきました。実際に利用した就活生へのインタビューもあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

キャリアチケットは怪しい?運営会社に気になったこと全部聞いてみた

キャリアチケットの口コミ・評判は?【現役大学生への取材有】

キャリアチケットに登録してベンチャーの情報を集める

キャリアチケット

digmee

総合評価
企業の多さ
ES・面接対策の充実さ
対応の丁寧さ
サービスの手軽さ

digmeeは、就活生向けの情報サイト。ベンチャー企業を中心に100社以上が登録をし、年間1万人の学生に利用されています。

ポイントは次の通り。

  • LINEで人気企業の選考会情報が届き、ワンタップで応募が完了するという手軽さ
  • DeNA/リクルート/SMS/レバレジーズなどの大手IT企業からからベンチャーまで優良企業が多数利用中
  • 情報を登録するとdigmeeから企業のレコメンドが来ます。自分では探せなかった企業からスカウトが来ることで、選択の幅を広げることが可能

もちろんdigmeeのサイトから自分でインターンや本選考先を探して応募も可能です。

digmeeに登録してベンチャーの情報を集める

これらの他にも就活生が使い倒すべきサービスを紹介しているので、合わせてご覧ください。何れにしてもキャリアチケットdigmeeは登録必須です!

今日のまとめ

・成長したい/裁量権が欲しい/優秀な人と働きたいという理由でベンチャーにいくのはNG

・大企業とベンチャーで悩んでいるなら、メガベンチャーがオススメ

webで検索するだけではなく、納得のいく決断をするためにも自分で一次情報を取ること

今すぐに登録すべきオススメ就活サイト
  • 就活を始めたけど何から手をつけていいのかわからない
  • このまま就活を続けていて、やりたい仕事が見つかるのだろうか
  • 希望の会社から内定が出なかったらどうしよう

 

就活は誰もが不安になります。だってやったことないことだから当たり前。

そんな時には、就活を一足先に終えた社会人の先輩の経験をうまく活用しましょう。昔と違って、今はインターネットさえあれば就活をうまく乗り越えるための情報を手に入れるチャンスがたくさんあります。

納得のいく就活ができ、希望する会社に内定をもらうための強力な武器となるサービスを紹介します。就活生の人は是非ご覧ください。

詳細はこちらから