就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

仕事のやりがいが皆無な人へ【成果出さないと詰みます】

仕事のやりがいがないのはどんな時か知りたい。仕事にやりがいを見出すための具体的な方法を知りたいな。

僕も新卒で入った会社ではやりがいが全然なかったのですが、2回の転職を経てやっと仕事のやりがいが持てました。また、やりがいを感じるために必要なことが80%ほどわかった気がするので、その考えをシェアします。

この記事では、仕事のやりがいを感じないときに具体的にどう対処したらいいのかを解説します。

仕事のやりがいがない典型的な3パターン

成果が出ていない

正直これが一番大きいと思います。

  • 営業成績でTOPになった
  • お客さんから追加の発注をもらった
  • 同僚よりも早く出世をした

という風に成果が出ていれば、間違いなく仕事のやりがいを感じます。

仕事をしてもリターンがない

「リターンない」といっても様々な種類があります。

  • 金銭的なリターンがない(給料が少ない)
  • 承認欲求を満たすリターンがない(仕事をやっても褒められる機会が少ない)
  • 精神的なリターンがない(自分の成長につながらない)

このあたりがないと、仕事にやりがいを感じられないかもしれません。

期待されてない

人は期待をされると頑張ろうとする生き物なのですが、会社の上司やお客さんから期待されてないな、と感じると、やりがい感じにくいですね。

ここで注意なのは「忙しいかどうかは関係ない」ということ。

めちゃめちゃ残業した時でも、大事な仕事が無事に終わった時とかって達成感あるじゃないですか。でも、いくら毎日定時に帰っていても、上記に当てはまれば「やりがいがない」と感じてしまいます。

僕も新卒で入った大企業では仕事のやりがいを全く感じられず、仕事を放棄して18時退社して同僚や先輩と飲み歩いていた時期がありました。もちろん飲んでいても状況は全然良くならないので、お金は飛び徒労感だけが残りました。

仕事でやりがいを持つための方法

やりがいがない=すぐ転職、は危険

「やりがいを感じられる仕事に就きたい」と言いますが、今の仕事でやりがいが感じられないからといってすぐに転職をすることはオススメしません

なぜなら、「やりがいを感じられない理由」をはっきりさせておかないと、転職してもまた同じような境遇に陥ってしまう可能性が高いからです。

まさに僕自身、新卒で入った大企業からベンチャーに転職するときには、よく考えずに転職してしまったので、

成果を出さなければやりがいはない

明日からでもすぐにできることは「心を入れ替えて目の前の仕事で成果を出すこと」です。

  • 成果を出す
  • 周りからの評価が変わって褒められる
  • やる気が出る
  • もっと成果が出る

というループが回っていくと良いですが、それはやっぱり一番最初に「成果を出す」ことができているからです。

そうは言っても頑張る気力が出ないとき

とはいえこれは理想論かなとも思います。

そんな気力がないんだが

と思う人が多いのではないでしょうか。

実際に僕もそうでした。仕事の何もかもが嫌になって、上司と会いたくないし電話も出たくない。そんな精神状態の時に「まずは成果を出せ」といってもまず無理ゲーですよね。

そんなボロボロの精神状態でも、なんとかできる打ち手を紹介します。

仕事のやりがいがありそうな友達の話を聞いてみる

やりがいを持って仕事をしている友達に会って、「今の仕事のどこにやりがい感じているのか」を聞いてみましょう。

やりがいを持って仕事をしているのが羨ましく感じられるので、ちょっと心のHPを消耗するのが玉に瑕ですが、有効かつ即効性があります。

 転職に向けて1歩だけ踏み出してみる

本当に心が消耗している時にはその会社に居続けてもどうしようもないので、転職して心をリセットする方法もありです。

先ほど、新卒で入った大企業からベンチャーに転職するときよく考えずに転職した、といったのですが、結論僕は転職して心から良かったです(その後成果も出たし、年収も上がった)

ただ一つ注意があります。

「転職先では必ず成果を出す」という強い覚悟を持つこと

これは本当に超大事。先ほどお伝えした通り、仕事のやりがいを感じるのは成果を出すのが一番なので、転職したら必ず成果を出す、という強い覚悟が必要です。

転職しても自分が変わらないと結局は一緒なので、またやりがいを感じられないという負の無限ループに陥ってしまいます。

具体的な初めの一歩

いざ転職をしようと思うと結構精神的にパワーが必要です。

ファーストステップとしては、転職サイトに登録をして情報を眺めていることから始めましょう。

例えばリクナビであれば、転職の流れがわかったり、他の人の転職事例がみれます。まずは「転職に関する情報に触れる」というハードルが低いところから始めるのがオススメです。

あまり精神状態が良くない時に転職エージェントに会っても、転職を急かされてしまって不本意な転職になってしまいかねません。

心にちょっと余裕がある人は、転職エージェントに相談をしてみましょう。

もしエージェントのオススメを一つだけに絞れと言われれば断然パソナです。僕も面談をしてもらったのですが何より丁寧。転職初心者にとっては安心です。

転職初心者はパソナは絶対登録しないと損失半端ない理由

また、2回転職経験がある僕がオススメする転職サイトと転職エージェントは下記で紹介しているので、よろしければご御覧ください。

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら