就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

リクルートに転職ってどう?中の人に聞いてみた

今日は誰もが一度は就職・転職時にかかわったことのあるリクルートについて。

 

目次

・最近転職した人

・リクルート、ぶっちゃけどう?

・どんな人が向いてそう?

・逆にどんな人はやめたほうがよさそう?

・感想

 

最近転職した人

とりあえず基本的な質問をしてみました。

 

Q:前は何してた?

A:ベンチャー企業で事業の責任者をしていた

Q:なんで転職した?

A:スタートアップで身につけたい能力が身につかなかったから

Q:リクルートで何してる?

A:担当しているサービスの営業戦略を練っている

Q:今後リクルートで何したい?

A:ビジネス全般の力を早くつけて、自分で独立できるような能力とコネクションを得たい

リクルート、ぶっちゃけどう?

・前提

リクルートといってもたくさんの子会社にわかれており、各子会社によって雰囲気は様々

だから自分の興味がある領域や職種で募集している会社があれば、その子会社の話を聞かないと意味ない

 

人の成長と会社の成長を重ねさせて、やる気を出させるのが上手

実際に優秀な人が多い(優秀じゃない人は非重要ポジションにおいやられている)

若くても出世している人いるが、プロパー(新卒でリクルート入社した人)の社員が多い

ネット系は中途入社の転職組が多く、役職者も転職組

コミュニケーションをとることを重視する(よって会議が多い)

休みがたくさんある(仕事もたくさんあるので生産性をあげないと労働時間が長くなる)

 

どんな人が向いてそう?

自分のキャリアを主体的に作っていきたい人(成果を出せば部署や会社間の移動も全然あり)

コミュニケーションを丁寧にとりながら仕事をしていくことをいとわない人

あけっぴろげな人、オープンなコミュニケーションを好む人

どんな人はやめたほうがよさそう?

夕方5時には帰宅して家でだらっとしたい人(夕方に帰っているママさんもいるが大体夜にメールの返信が来る)

俺は誰にも干渉されず一人で仕事したいんだぜ系の人

こまめにフォローをしてほしい人(基本全員忙しいのでこちらからアクションしないとかまってくれない)

 

感想

実際にリクルートの現役の人、卒業した人に会うと

・基本的に優秀

・コミュニケーションが気持ちいい

・リクルートのこと悪く言う人いない

・自分が何が好きで何をしたいのかある程度明確

という特徴があります。

もともとそういう人がいるとも言えますが、リクルートで仕事をすると周囲に影響されてそう変わっていくんだと思います。

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら