就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
読書ログ

【超名作】「転職の思考法」が転職しない人ですら見るべき名著だった

北野唯我氏「転職の思考法」が良著すぎました。
つべこべ言わず早速要約します。

結論

初の転職の際に大事なのは、転職に対する物の考え方、である
つまり、物の考え方=誰もが習得できる、ということである

基本的な考え方

基礎となる考え方はマーケットバリュー

マーケットバリューとは次の3つの掛け合わせである。
  1. 技術資産
  2. 人的資産
  3. 業界の生産性
今のマーケットバリューを把握し、マーケットバリューが高くなるような場所を見つけること、が転職軸の基礎となる。
これを土台として、転職先を選ぶ基準はもう2つの軸がある

転職先を選ぶ基準

  • 働きやすいか
  • 自分の活躍の可能性は十分か
マーケットバリューの中でも、特に③業界の生産性が重要なファクターである
「生産性が現状高い業界」か「今後伸びる業界」を選ぶべき
今後伸びる業界(=複数のベンチャー企業が参入しており資金調達をしている/既存の業界の非
効率をつくビジネスモデルをもっている)

伸びているベンチャー企業の選び方のポイント

下記3つである
  • 経営陣が自社の競合がどこかを認識している/同じ業界の競合「も」伸びている
  • 経営陣だけではなく、現場のメンバーも優秀
  • 同業他社からの評判が悪くない

その他

新卒で入るべき会社と中途で入るべき会社の違い

  • 中途を生かすカルチャーがあるか
  • 自分の強みが会社の強みと一致しているか
  • どんな人材でも回るビジネスかどうか(会社としてはOKだが自分のマーケットバリューが高まる可能性が低い)

いいエージェントの条件5か条

  • 面接時に入社上の懸念点をあげてくれる
  • その会社が自分のキャリアにとってどういう価値をもたらすのか教えてくれる
  • 企業に回答期限の交渉や年収交渉をしてくれる
  • 他の求人情報はないか?という質問に粘り強く付き合ってくれる
  • こちらが会いたい人との面談を好きにセットさせてくれる

仕事における楽しみは2種類のタイプがいる

  • to be 型と to do 型
  • ただし98%は前者なので、世の中で出回っている成功者(後者のパターンが多い)に惑わされるな
  • 「心からやりたいこと」を探しても見つからないので、自分の中で少し好きなものを見つけ、ラベルをはり勝負をしろ

所感

考え方の面ではほぼ賛成です。
実際に効果的な質問は、ベンチャー企業で採用責任者 兼 事業責任者をしていた私としては、
もう少し有効な質問や依頼はあるかな?と思うので、それは他のブログを見てみてください。
ただいずれにしても良著なのでぜひ詳しくは購入して書き込みながら何回も読み返す価値ありです。

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら