就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

自分の年収は相場より低い?オススメ年収診断4選【実データも公開】

今日は次のような疑問を持つ方向けの記事です。

自分の年収は実力に応じてちゃんともらえてるんだろうか。転職するかはまだわからないけど、自分の市場価値がどのくらいか知っておきたいな

年収の話題はシビアなので、いくらもらっているかは周りの人には聞きにくいですよね。

周りとの比較ができないので、自分が今もらっている年収がもしかしたら実力よりも低い可能性もあります。

特に転職未経験の人は、新卒時にはかなり安い給料で入っているので、安く買い叩かれてしまっているかもしれません。

そこで今日は、年収診断ができるサービスを実際に使ってみての体験談をまとめました。

全て利用無料のサービスなので、自分の年収について客観的な視点を得る良い機会になるでしょう。

次のような悩みを持つ人は読む価値がある記事となっております。

  • 自分の実力よりも年収が低いんじゃないかと不安
  • 転職するかはまだ決めていないが、自分の市場価値を客観的に把握したい
  • より年収がもらえる業界や職種が何かに興味がある

年収診断をすると何がメリットなの?

そもそも年収診断をすることでどんないいことがあるんでしょうか?
トニー
トニー
具体的には次のようなメリットがありますよ!
年収診断をするメリット
  1. 自分の年収が高いor低いかが客観的にわかる
  2. 自分の現時点での市場価値がわかる
  3. 他業種の年収がわかるのでキャリアの選択肢が広がる

自分の年収が高いor低いかが客観的にわかる

今の会社で自分がもらっている年収が、同じ経歴やキャリアを持っている人と比べた時に高いのか低いのかがわかります。

友達同士でも年収を比較し合うというのは話しにくいので、なかなか普段は情報を得られないのですが、診断サービスを使うことで客観的に今の立ち位置を評価することができます。

自分の現時点での市場価値がわかる

同時に自分の年収が相場よりも高いor低いがわかることで、自分の市場価値がわかります。

もし相場よりも低い年収だったら、今の会社ではあなたの実力が低く見積もられてしまっています。

他業種の年収がわかるのでキャリアの選択肢が広がる

他の業界の年収がわかると、自分がこれまで想像していなかったようなキャリアの選択肢が広がるでしょう。

例えば特に興味がなかった業界でも、今よりも年収が100万円ほど高いならば転職を考えてしまいますよね。

実際に年収診断やってみた【実データ公開】

実際に僕も年収診断をやってみました。前提として、診断時のスペックと年収はこちら。

  • 京都大学卒
  • 29歳
  • 転職経験2回
  • 現在、東証一部上場企業の事業企画職
  • 年収=約700万円
  • マネジメント経験あり(前職のベンチャーにて)
  • 英語は日常会話レベル
  • 誇れる資格は特に無し

使ってみたサービスは下記の4つ。

それぞれ結果は下記の通りでした。

パソナキャリア|年収査定シミュレーション

パソナキャリアのシミュレーションによれば、自分の年収相場はMAXであと60万円ほど上がることがわかります。

また転職エージェントとしてパソナキャリアを使えば、3人に2人の割合で年収UPできるというデータもあるようです。

doda|年収査定

dodaの年収査定によれば、自分の給料は適正よりも高い水準となっているのでややもらいすぎ、という結果になりました。

ミイダス

ミイダスでは自分と近い職種や経験を持った転職者には平均して785万円のオファーが来ているようです。

なので自分も、今より年収100万円UPのオファーはもらえる可能性が高いことがわかります。

キープレイヤーズ |年収査定サービス

LINEでの個別やりとりなので画像だと見づらいですが…

当時の年収680万円だと、自分のキャリアから考えて高い給料水準となっていることを指摘してもらいました。

  

トニー
トニー
このように自分の適正年収は625万円〜785万円の幅であることがわかりました!後ほど、上記4つのサービスの使い方や詳細なポイントを解説します!

結果に踊らされるな!年収診断を最大限活用する方法

意外に自分の給料高いじゃん!やったあ
思ったより自分の年収が低くてがっかり…

と結果に一喜一憂していては意味がありません。

ここでは年収診断を最大限活用するには何を気をつければいいのかを解説します。まず結果は大きく次の2パターンに分かれます。

  1. 診断結果が現年収より低かった場合
  2. 診断結果が現年収より高かった場合

1.診断結果が現年収より低かった場合

要は実力以上に年収をもらっているケースです。ぼくはこちらのタイプ。

この場合は、業界の利益構造や会社の特性上、平均して給与が高い環境にいるので、今もらっている年収が自分の実力値と勘違いしないようにすべきです。

例えば総合商社で4,5年目となると年収1,000万円を超えてきますが、これは総合商社の圧倒的な売上高と利益率が原因。

転職市場で1,000万円をkeepする実力がついてるかというと必ずしもそうとは限りません。

僕も、転職初年度に年収が上がっていたので、いまは年収に実力を追いつかせるフェーズかなと捉えてます。

2.診断結果が現年収より高かった場合

こちらは、本当はもっと年収をもらえるはずなのに相場より低い年収になってしまっている場合です。

次のような方は経験やスキルに対して低い年収になりがち。

  • 業界のビジネスモデル上、利益率が低い(小売業、サービス業など)
  • 新卒で入った会社にずっと勤めている

残念ながら新卒の給与は買い叩かれているので、同じ実力を持っていても中途入社してきた人の方が高い給料をもらっているというケースもあります。

トニー
トニー
僕が初めての転職をする前は、まさに新卒×利益率が低い会社だったのでかなり給与は低かったです。先輩が意図的に仕事を遅くして残業代で稼いでいて「それって本質的じゃないじゃん」と疑問をもっていました。

そこから転職×利益率が高いIT業界に行ったことで、社会人3年目で400万円→500万円に100万円ほど給与UPしました。

新卒でいた会社で100万円の昇給をしようと思うとあと3年はかかっていたと思います。

このように、今よりも高い給料を払える企業がある場合は、これをきっかけに転職活動をはじめてみるきっかけになるかもしれません。

オススメ年収診断サービス4

トニー
トニー
では先ほど僕が年収診断したサービスを1つずつ紹介します!

これらのほとんどが会員登録不要のサービスだから、手軽に試すことができます(dodaの年収診断だけ会員登録されますが、同時に登録されるので二重の手間は無し)。

パソナキャリア|年収査定シミュレーション

パソナキャリアの年収査定シミュレーションは、今回診断する中でも最も簡易的な診断です。全部で3分ほどで完了します。

「年収をアップさせたい」などの質問に対して3段階で回答していきます。全部で6問です。

答え終わると、学歴や直近の転職回数などの基本情報を入力します。

これだけで年収相場がの結果が出ます。ただ、この年収相場はあくまで今の会社の年収がベース。

逆に言えば、企業が求める人材の需要にマッチして、面接であなたが有能であることをアピールできれば、より高い年収でのオファーをもらうこともできます。

パソナキャリアは転職エージェントの中では初心者向け。求人数こそそこまで多くはないものの、対応の丁寧さは業界でも有名です。

あわせて読みたい
転職初心者はパソナは絶対登録しないと損失半端ない理由こんにちは。トニー(@lesson_now)です。 これまで2回転職をして、合計10社以上の転職エージェントに面談をしてもらいまし...

doda|年収査定

dodaの年収査定は、より詳しい情報を入力します。ただこちらも入力は簡単で全部で3分で終了します。

dodaの特徴は日本でも有数の会員数を誇る転職サイトdoda会員のデータと転職実績を活用して、機械学習で予測結果を出すこと。 質問項目に関しては、パソナよりも会社名・会社規模・職種の分類をより細かく入れる感じです。

dodaのデータがあるので、実績に基づいた正確な査定結果が出ます。

あわせて読みたい
dodaの口コミ・評判は?転職経験者が効果的な使い方も解説今日は国内でも有数の大手転職エージェントdodaの評判についての記事です。 この記事を書いている僕は20代で2回の転職経験あり。合計1...

ミイダス

ミイダスは実は運営母体はdodaと同じパーソルキャリアなのですが、少し質問項目が異なります。

特徴的な質問項目は下記の通り。

  • 大学名と学部
  • 6ヶ月以上の離職経験
  • 職種ごとの経験年数
  • 資格有無

まずは基本のプロフィールを入力します。

このように結構細かい職種まで入力することで、正確なデータを出してますね。

すると、自分と似たような経験をもつ人に届いたオファーの実績金額が出ます。

また、あなたの経験やスキルに合致する求人を持つ企業数も合わせて出してくれます。

ミイダスのいいところはコンピテンシー診断が追加でできること。

ここまでの年収診断は会員登録不要でできるのですが、合わせて会員登録をすることで、次のようにあなたの強みや性格もわかります。

実は以前にミイダスの体験記事を書いたのですが、その頃よりも年収査定の精度が上がっていて驚きました。手軽な割に的確なのが素晴らしいですね。

コンピテンシー診断も合わせて考えると、パソナやdodaよりもオススメできるサービスです。

あわせて読みたい
MIIDAS(ミイダス)は年収診断は微妙だが、適性診断としては優れていたあなたと同じような経歴や職種の人が、他の会社ではどのくらい年収をもらっているのか、気になったことがある人はいますか? そんな人向け...

キープレイヤーズ |年収査定サービス

上記の3サービスとは少し系統が違うのが、キープレイヤーズ代表の高野氏による年収査定サービス。

なんといっても「AIではなく人力での対応」が特徴です。

いやいや機械学習には勝てないでしょ…

と思うかもしれませんが、キープレイヤーズはベンチャー界隈の転職ではかなり有名な転職エージェントです。

経営者の相談は3000名以上、個人相談は1万名以上対応されてきた豊富な実績があります。

また、ただの査定で終わらず、その後のキャリア相談にも乗ってもらえます。

キャリアにおいて年収が全てではありませんが、年収は、あなたの仕事に対する最も分かりやすい評価です。
キャリアアップの1つのベンチマークとして是非、ご活用ください。

年収査定に加えて、個別のキャリア相談も承っております。ご気軽にご連絡ください。

※キープレイヤーズ HPより抜粋

LINEで友達登録をすると、次のように査定のフォーマットが送られてきます。

内容を入力すると、次のように過去の転職支援実績に基づいて、自分の年収が相場より高いか低いかを教えてくれます。

僕は実力よりも高い年収をもらっていると指摘をもらいました。

そして他の3サイトとは異なるのは、自分の将来のキャリアについて経験豊富な転職エージェントの高野氏に直接アドバイスをもらえること

僕は将来独立して働きたいと思っているのでその相談をしたところ、丁寧に回答いただきました。

ベンチャーへの転職や独立を考えている人は、キープレイヤーズの年収診断も合わせて試してみると面白いかもしれません。

ではここまでのサービスの良い点をまとめます。

トニー
トニー
手軽さと診断結果の豊富さから、最もおすすめなのはミイダスです!

\登録無料!手軽さと正確性のバランス◎/

ミイダスに登録

年収が低いと何が悪いのか

個人的には必ずしも年収を上げることがいいこととは思っていません。

多くの場合、年収を上げることで仕事の量や責任が増えるので、何かを犠牲にすることが出てくるでしょう。

自分のプライベートの時間や家族と過ごす時間が減ってしまうこともあります。

ただ一方で、お金があれば人生の選択肢が増えることは間違いありません。

  • 海外旅行に行き見識を深める
  • 色んなイベントや飲み会に行って交流を広げる
  • 自己投資のための教材や本を買う
  • 自分の時間を生み出すための時短家電や家事代行、タクシーの利用などにお金を使える

良い体験をするにはその分お金が必要です。そうして得た知識や経験を自分に再投資して高い成果を生み出し、更に給料があがっていきます。

今の年収でも満足しているしなんの問題もなく幸せだ、と言い切れる方は素晴らしいと思います。

ですが、もっと高い年収が欲しい、給料を上げていい暮らしがしたいと思うならば、今のままの延長では未来は何も変わりません。

今すぐ転職をして年収を上げるというのは難しい場合でも、今日紹介したような年収診断を受けてみましょう。

結果を知ることで将来のキャリアを考えるきっかけになりますし、モチベーションにもなります。

まとめ|年収は個人の努力2割、環境要素が8割

目の前の仕事を頑張り続ければいつかは報われる、なんて時代はとっくに平成で終わっています。

年収をあげるには利益率の高い業界で自分の戦闘能力を磨き続けるのが王道です

今の環境で頑張り続けても年収は上がっていきますが、少し外の世界をのぞいてみると、年収UPのスピードや幅が全然違ったりします。

せっかく仕事を頑張るんだったら、少しでも自分を評価してくれる会社で働きたいですよね?

もし今の年収に不満を持っていたり、自分が社外でどれほどの評価をされているのかきになる人は、今日紹介したような年収査定サービスを使って自分の置かれた立場を客観的に見つめ直すことから始めましょう。

トニー
トニー
最後に改めて各サービスの特徴をまとめます!

\最もおすすめ!登録無料で3分で完了/

ミイダスに登録

関連記事

初めての転職はみんな怖い。不安を解消する方法を解説する

転職サイトと転職エージェントの違いは?後悔しない活用術も解説する

【保存版】2回の転職を経てわかった転職エージェントの効果的な使い方

今すぐに転職を考えていなくてもエージェントに登録をしないと損する理由

皆さんは、次のように思っていないでしょうか?

  • まだ今の仕事で学べることがあるから、転職は考えていないからエージェントには登録してない
  • 転職は興味はあるけど、エージェントに登録するほどでもないかも
  • エージェントに登録すると、面談を受けろとしつこく勧誘されるから面倒臭い
  • エージェントに登録をしなくても、自分で探せる

もしこう考えて、転職エージェントに登録をしていないならば、あなたはキャリアで損をしている可能性があります。

転職エージェントは、転職をしようと思った時に登録をするものではありません。むしろ今の仕事に真剣に取り組むためにも、転職活動をする前から登録をしておくべきものです。

僕は直近で転職意向がなくても、1年に1回は信頼できるエージェントと面談し下記内容を話しています。

  • 直近の転職マーケットの動向
  • 自分が今の会社で身につけているスキルが、他企業からはどう評価されているのか
  • 今後フリーで働いていく為にはどのようなスキルを身につけておけば良いか

転職のみならず、仕事で成功を収める人は、常に自分の取り組んでいる仕事が外部からどのように評価をされるのかを知っています。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。ぜひご参考にしてください。

\詳細は↓の画像をクリック/