就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
キャリア

転職のメリットとデメリットはわかった。じゃあ次はどうしたらいい?がわからない人へ

今、自分が本当に転職をしたほうがいいのかどうかって本当に悩みますよね。

実際に私も2回転職してるのですが、2回目は慣れてスイスイ転職したかというとぜんぜんそんなことはなく、とても苦労しました。

そんな時は、転職をした場合としなかった場合で冷静にメリット・デメリットを比較して、できる限り客観的な判断ができるようにしたいものです。

ただ、私自身も後からわかったのですが、転職のメリットとデメリットを知るだけでは全く意味がないんですよね。

例を挙げて見ましょう。

今の職場は人間関係が嫌なんだよなあ…

例えば、このように悩んでいる人がいたとします。

この時、転職するメリット・デメリットを比較すると次のような感じになります。

メリット:煩わしい人間関係から解放される

デメリット:また同じように嫌な人間関係に悩まされるかもしれない

・・・うん、そうだよね、、って感じですよね。

つまり、物事は裏表があるので、メリットもデメリットもあって当たり前なのです。

それでは、どうやったらそれが自分の転職に役立つ情報になるのでしょうか。

大事なのは、今の職場で「何が嫌なのか」をはっきりさせることです。

先ほどの例をここでも見てみましょう。

例1:パワハラ上司が嫌!

解1:転職の面接の際に上司のマネジメント手法を何人かにヒアリングをする

例2:上の役職の顔色を伺うような社内政治が嫌!

解2:フラットなコミュニケーションができるかどうかを面接で確認する

よくある誤解が「人間関係が嫌だという理由だけで転職活動をしてはいけない」というものですが、これはポイントがずれています。

人間関係が嫌だという理由は、全然転職理由になり得ます。

というか私も人間関係が嫌だという理由で転職しています。

会社は、1日の大半を過ごすのに、そこで一緒にいる人たちが自分に合わなかったら、そりゃあ会社行くの嫌ですよね。

大切なのは、「人間関係が嫌だから転職する」というレベルの抽象度では、あなたに最適な企業がどこかがわからないということです。

結局、みんな「人間関係がいやだ」というが、具体的に何が嫌なのかを冷静に考えられていないのです。

じゃあ、どうしたらいいんでしょうか?

一人で考えているのは絶対NGなのでやめたほうがいい

実際に一人で考えるにも限界があります。

今の仕事が忙しいと、自分が何が嫌なのかがわからなくなってきます。もう全てが嫌になってしまって、何が嫌なのかを考えることすら

めんどくさくなってしまうことがほとんどです。

では、今の仕事が忙しい中で自分をみつめなおす方法を見ていきましょう。

結論から言うと、仕事が忙しい中で、一人で今の仕事を客観的に分析することは無理ゲーです。

できなくて当たり前。私もひたすら「仕事つまらねえ」しか言っていませんでした。思考停止状態です。これは、まさに自分も苦しんでいました。

今の仕事が嫌だという気持ちで心がいっぱいになって余裕がなくなってしまって、冷静に考えることができていませんでした。

しばらく経てば環境が変わるかもしれない、もう少し頑張ってみようかなと思っちゃっていたら要注意です。

一時的にそう思っても、根本的な問題が解決したわけではないので、またしばらくすると同じように悩んでしまいます。

1回目の転職の時に、このように悩んで1年以上無駄に時間を過ごしてしまった経験があります。

もっと早く決断ができていれば、仕事に前向きに取り組む時間をもっと確保できていたのに。。

その反省を踏まえ、2回目の転職の時には転職エージェントを利用しました。

転職を考えた時に、絶対やってはダメなこと

職場の人には相談しない方がいい

客観的な意見が出る可能性は低いから。

また、こういう時に職場の同期や大学の友達とかに相談しがちなのですが、これもやめたが方いいです。

同世代で転職経験豊富という人もなかなかいないでしょうし、ましてや転職したことがない人同士だと、話をしてもあまり意味がないです。

上司に相談なんてもってのほか。あなたがやめたら上司の評価がさがるから、あなたを辞めさせない方向でしか話をしてきません。

一人で抱えて考えない

ぼくも一人で考えてて本当につらかったです。

過去の自分にメッセージを送れるならば、とにかく一人で辛い気持ちを抱えていないで、早く転職エージェントに相談することを強く勧めます。

同じような思いをしている人がいたら、どうか一人で悩まないで欲しいです。とにかくはやく、手遅れにならないうちにエージェントに相談して。日々の業務で忙殺されて、だんだん考えることすらもできなくなって感覚が麻痺してしまうから。

転職エージェントの利用は無料です。

世の中で他にこんなサービスないので使わないのは本当に損。

通常、他人にアドバイスをもらったりコーチングしてもらったらお金かかります。

経営者がコーチングをしてくれるコーチにお金を払ったりしますよね。

でも転職エージェントであれば、あなたの人生について一緒に考えてくれて、その実現に向けてのサポートをするのを

無料でやってくれるっていうの意味わからないくらいラッキーですよね。

オススメ転職エージェント2選

実際に自分が使ってよかった転職エージェントを紹介します。

①パソナキャリア


パソナキャリアは対応がとても丁寧なことで有名です。

対応の丁寧さは他のサイトでも紹介されているので、恐らく型化をされているのでしょう。

東京では、定期的に自己分析セミナーを開催してくれているので、まずは1対1でエージェントと会うのが嫌ならば、セミナーから行ってみるのもありかもしれませんね。

②リクルートエージェント


リクルートは業界最大手で、掲載件数がもっとも多いことで有名です。

また、掲載件数が多い=転職支援回数が多いので、転職の初心者がつまづくポイントが体系化されています。リクルートの転職サイトでは、まずはエージェントに会う前に自分の強みを把握することができます。

リクナビNEXTでのグッドポイント診断はこちら

本日のまとめはこちらです。

まとめ

・人間関係が嫌だというのは立派な転職理由

・周りの環境が変わることを期待するな

・一人で抱えて悩み続けるな。エージェントに早めに相談せよ

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら