就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

「会社を辞めたい」と思った時の良い相談相手は?

こんにちは。初めての転職では無駄に抱え込んで1年以上悩んでしまっていたトニー(@lesson_now)です。

会社やめようかな

と思っている気持ちって一人で抱え込んでいるのは辛いですよね

今日はそんなときに誰に相談すべきかについて考えていきます。

いますぐオススメのエージェントに登録したい人はこちらから【面談経験有】

①パソナキャリア

②リクルートエージェント

【結論】社内の人には転職を検討していることは絶対言ってはNG

結論から言うと、転職の相談は社外の人にしたほうがいいです。これは転職時の基本中の基本です。

社内の人は一番自分の仕事の状況も理解してくれやすいし、同期には相談もしやすい関係だと思いますが、社外の人に相談しましょう。

まさかいないと思いますが、会社辞めようかどうかの相談を上司にする、は絶対にやってはダメです。

社内の人に相談してはダメな理由は次の通りです。

・あなたがやめることを検討していることが社内に広まる
・そうすると、社内での立場が悪くなる
・上司はあなたの退職により評価が下がるから味方してくれない

具体的にどんな社外の人がいいのか

具体的にどんな社外の人がいいのかについては下記の通りです。

転職経験あるひと

転職経験がない人に転職のことを聞いてもよいアドバイスが返ってくることはないでしょう。

フラットに議論してくれる人ならまだしも、転職したいけど出来ない人だったら、転職するな的な意見を言われて終わってしまいます。

年上の人

同世代に聞くのはあまり意味がありません。

同世代はあくまで悩みを聞いてもらって安心感を得るような立ち位置であって、あまり壁打ち相手にはならないからです。

かといってあまりに年上過ぎても、その人の若手社会人時代と今とで背景が違い過ぎても的外れのアドバイスになってしまいます。

5-10個くらい上の転職経験がある先輩が適切でしょう。

自分のいく業界に詳しい人

自分がweb系のベンチャーに行きたいなら、その界隈で仕事をしている人に相談をすると良いです。

具体的な会社のパワーバランスが知れたり、行きたい会社の中の人につながっていて紹介してもらえる、なんてことも全然ありえます(特にweb界隈は世間が狭いので横のつながりがすごいです)

もちろん、パソナキャリアリクルートエージェントなどの転職エージェントは自分のいきたい業界に対して包括的に知識を持っているので、うまく彼らの知識を活用するのも◎です。

相談をする際には心のパンツを脱げ!

具体的に相談する時にもポイントがありますので、下記で紹介します。

正確に、詳しく自分の状況伝える

自分の状況を詳しく正確に、詳しく伝えることが大事です。

辞めたい会社ともなると、つい自分のいる環境を都合良いように悪く語ってしまいがちなのですが、それでは相談された側が本当に転職すべきなのかどうかを判断できません。

なぜ自分が転職したいと思うのか、を紙に書き出してみて、事実と感情が混ざってないかを客観的に確認しましょう。

心のパンツを脱ぐ

とても重要なことですが、相談するときには必ず心のパンツを脱ぎましょう。

これは、隠し事一切なし、本音で語る、ということです。
つい自分の転職理由を考えるとき、何かかっこいい理由を探してしまいがちです。

「今の会社では実現できないこんな社会を目指したいんです」とか、「給料とか労働時間とかはぶっちゃけどうでもよく、自分の成長できる環境であればOKです」とか、

本音であればいいですが、どこかカッコつけてたり世間的に良しとされる転職理由で塗り固めていませんか?

当たり前ですが、自分が心から納得してない転職理由を言うと、それに対してアドバイスする側も適切なアドバイスができません。

周りに相談相手がいなかったらどうするのか?

ズバリ、転職エージェントに相談するのが一番効果的だと思います。

一番やってはダメなのはやめたい気持ちを自分の中で抱え込んでしまうことです。
また、転職エージェントに連絡をしたからと行って、絶対に転職をしなければならないという訳ではありません。

オススメの転職エージェントを紹介しますが、自分は違うと思ったらやらなくて問題ありません。自分の人生をよくする為なので、僕に強制されてやるものでもなんでもありません。

ただ、「現状を変えたい」と本当に思う人なら、勇気を出してエージェントと面談をして見ると、きっと自分に自身も持てて、良い視点が得られると思います。

オススメの転職エージェント2選

【前提】転職エージェントは最低でも2社登録すべし

まずはどこのエージェントがいいか議論の前に、最低でも2社は登録しましょう。

理由はシンプルで「自分にあったエージェントに出会える確率を高めるため」です。

以下でご紹介するのは、実際に自分が使ってよかった転職エージェントなのでオススメできるのですが、正直全員が良いエージェントに対応してもらえると言うことはありません。

自分の成績を上げるためにあなたに合わない企業でも転職を進めるような悪いエージェントもいます。このことを知らなくて損をするのはあなた自身です。

自分の人生を棒に振られないように、

肌に合わなかったらすぐに別のエージェントに相談する!というのを徹底してください。

【面談経験有】オススメ転職エージェント2選

下記で紹介する企業は私も実際に面談をしてもらったことがあります。

転職エージェントはかなりたくさんあるのですが、この2社は大手だし実績も豊富なので、安心して使っていただけると思います。

①パソナキャリア


パソナキャリアは対応がとても丁寧なことで有名です。

対応の丁寧さは他のサイトでも紹介されているので、恐らく型化をされているのでしょう。

東京では、定期的に自己分析セミナーを開催してくれているので、まずは1対1でエージェントと会うのが嫌ならば、セミナーから行ってみるのもありかもしれませんね。

パソナキャリアへの登録はこちらから

②リクルートエージェント


リクルートは業界最大手で、掲載件数がもっとも多いことで有名です。

また、掲載件数が多い=転職支援回数が多いので、転職の初心者がつまづくポイントが体系化されています。リクルートの転職サイトでは、まずはエージェントに会う前に自分の強みを把握することができます。

リクナビNEXTでのグッドポイント診断はこちら

また、繰り返しですが、エージェントがたくさんいるので自分に合ってないと思ったら、すぐに別の転職エージェントにコンタクトを取りましょう。

リクルートエージェントへの登録はこちらから

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら