就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

営業から抜け出して転職をしたら、人生が豊かになった話【実体験】

こんにちは。トニー(@lesson_now)です。今日は次のような悩みを持つ人向けの記事です。

今営業やってるけど辞めたい。どうしたら営業以外の仕事に就けるか知りたい

実際に僕自身も営業から企画職に未経験で転職していますが、ぶっちゃけかなり人生豊かになりました。キャリアの幅が広がったし、営業時代とは違った優秀な人にも出会えました。

また、基本内勤なので服装自由だし、外回りをしなくなったのはだいぶ楽です。

この記事を読むことで、営業職に留まることのリスクと、営業職から抜け出すための方法がわかるようになります。

僕自身前にいたベンチャーで採用担当をしていたので、実際面接する側の経験を通じてリアルを書きました。

営業に向いていない人の特徴

悲しい事実なのですが、世の中には営業に向いている人と向いていない人がいます。

営業に向いてない人の特徴は、ざっと次の通りです。

  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手
  • 競争心があまりない
  • 他人に気を遣いすぎる
  • 自己流で仕事をしてしまう

1つずつ解説しましょう。

人とコミュニケーションを取るのが苦手

これは言うまでもありませんが、営業は、社外の知らない人たちとコミュニケーションをすることが主な仕事なので、人とのコミュニケーションが得意ではない人は向いていません。

コミュニケーションと一言で言っても様々あり、「あの人はコミュ力がある」と言われるのは、次のようなパターンがあると思います。

  • 話が面白い(エンターテイメントとして)
  • 論理的で理解がしやすい
  • 話に起承転結がある(ストーリー立てて話される)
  • 相手の心を掴む
  • 話の切り返しがうまい

どれも訓練次第で向上できるとも言えますが、ある程度20数年生きてきたら、自分がコミュニケーションが得意なのか苦手なのかは自分が一番わかっていると思います。

営業という仕事はこれらの能力が総合して求められるというけっこうハードな職種なので、実は営業職が向いていない人も多い印象です。

競争心があまりない

営業は常に「数値」で判断されます。いくら頑張ったと言われても、成績が悪かったらその人が評価されることはないでしょう。

また、社内には同じ商品を売っている同僚がいることが多いので、常に比較され続けます。

このように営業職は、自分がやったことが定量的に数値で評価されやすい職種だからこそ競争となりやすい特徴があります。

実際、今営業をやっている人の中でも「ノルマがきつい」「他の同僚と比べられるのが嫌だ」と思っている人も多いはず。そのような中で「絶対あいつには負けない」という競争心がないと心が折れてしまいます。

他人に気を遣いすぎる

基本的に営業は、クライアントから大きな金額の受注を得れば得るほど社内で評価されます。そのため、クライアントからの発注額をできるだけ大きくしようとする心理が働きます。

しかし、他人に気を遣いすぎてしまう人は「こんな高価な商品をこの人(企業)に売っても大丈夫なのだろうか」と心配をしてしまい、なかなか高単価の商品を売り込むことができません。

結果として、営業成績も上がらずに社内でも評価されなくなってしまいます。

自己流で仕事をしてしまう

あの人は営業ができるけど、あの人のキャラクターで受注してくるんだよな

というのは迷信です。

営業は科学できるものであり、誰でも一定のルールを守れば、(向き不向きはありますが)営業の成績は上がります。

しかし、自己流の営業スタイルを貫いていると、いつまでたっても安定して成績を上げ続けることは難しいでしょう。言い換えればプライドが高い人は営業が向いていない、とも言えます。

そういう人に限ってたまたま受注をしてくると「俺も営業できるんじゃないか」と勘違いをするのですが、営業を科学できていないので次に同じように受注をしようと思ってもできません。

向かない人が営業を続けてもキャリアのためにならない

これもはっきり言いますが、トップクラスの成績を残せない以上、営業職を続けてもキャリアのためにならないと思います。

そんなことはない、営業で身に付く能力はつぶしの効く能力だ!

という人もいますが、これはあくまで28歳までかなと。

営業で身に付く能力は「クライアントとの折衝力」「コミュニケーション力」「トラブル対応力」などど言われますが、これはそもそも30代になったら営業職以外でも「身についていて当たり前」な能力です。つまり差別化ポイントにならない。

営業スキルが中途半端な状態だと、次第に年次が上がるにつれて「営業リーダー」「営業課長」くらいにはなれるかもしれませんが、飛び抜けて優れた力があるわけではないので年収レンジもそこまで上がらないのが実態。

そして30代になって営業しかやったことない場合は、もう営業職以外への転職はほぼ望めません。それでも転職するなら、新卒2,3年目ほどの年収で転職する覚悟が必要です。

そもそも、あなたは今の会社に入った時に「営業」がやりたくて入ったのでしょうか?

最初の配属で営業と言われたから今まで続けている、という人がほとんどなのではないでしょうか。

だとすれば、営業職以外にも世の中にはたくさんの職種があります。向いていない仕事を無理に続ける必要はありません。

営業から転職するとしたらこんな仕事

では営業から転職するとしたらどのような仕事があるのでしょうか?

これは年齢によって大きく異なってきます。実際に私がベンチャーで採用担当をしていた頃、どのように応募者のレジュメを見ていたかという実例も踏まえて紹介します。

25歳まで

この年代はまだ第二新卒枠なので、正直どのような職種でも転職ができると思います。

営業から企画職、マーケティングなどの事業の中核から、経理、人事、などのバックオフィス機能、またはガラッと変えてエンジニア、デザイナーなどでも可能性は十分にあります。

最近ではエンジニア不足により、文系からエンジニアへ転身した!という方も出てきています。

逆にいうと、25歳をすぎると大きく職種の方向を変えることがだんだん難しくなってくるので、「営業が向いてないので他の職種に変えたい」と思っているなら、今がチャンスです。

26-28歳まで

第二新卒とはだんだん言えなくなり、これまでの職場で何をやってきたのかが問われる年代です。

この年齢でも、全く新しい職種での転職(営業→webマーケター、営業→経理、など)を受け入れてくれるところも無くはないけど少ないです。

それ以外の部分で優秀であることを示せないと、

これくらいの経験値なら、新卒とか25歳までの第二新卒を雇って育てたほうがコスパいいわ

という感じで面接通過しません。

29歳

29歳をすぎると、未経験の職種に転職するのはほぼ不可能です。もはやポテンシャル枠では無く、即戦力枠として何ができるのかを面接でも問います。

じゃあ営業から一生抜け出せないのか、というと、抜け出す方法はまだあるかなと思います。具体的には次の2つです。

まずは強みを活かせる環境から入り、徐々に異動を狙う

現在営業をやっている場合、営業に隣接した別職種に転職をするのが入りやすいです。イメージは次のような感じ。

  • 営業をサポートするための企画の部署
  • 営業職の採用担当
  • 営業もやるけどメインはデータ分析

何れにしても、今自分がもっている強みや経験を少しでも活かせるような場所から入るのが◎です。

まずは自分の強みの分野で早期にパフォーマンスを出します!でも近い将来は他の職種にチャレンジしたいと思ってます!

と言うと面接でも良い印象になると思います。

ベンチャー系は未経験OKな事例が多いので、視野を広げてみるべし

ベンチャーだと結構未経験で年齢が高くてもOKな場合があります。慢性的に人が不足しているので、「この職種だけをやる!」と言うことが少ないからです。

実際僕も前職では、営業、カスタマーサポート、人事、経営企画ともはや兼務しまくりでしたが、数十人規模のベンチャーだとだいたいそんな感じです。

その場合でも、営業を全くやらないというのは流石に都合が良すぎるので、「営業×○○」を兼務するという入り口で入って、結果を出しつつ別の職種にシフトしていくという流れがいいでしょう。

早めに動かないと「営業職」から抜け出せない

ここまで、

・営業に向いていない人の特徴

・営業を続けてもキャリアのためにならない

・営業から転職するとしたらこんな仕事

を書いてきました。おさらいするとこんな感じ。

  • 営業に向いていない人の特徴は次の通り
    • 人とコミュニケーションを取るのが苦手
    • 競争心があまりない
    • 他人に気を遣いすぎる
    • 自己流で仕事をしてしまう
  • トップクラスじゃない限り、営業で身に付く能力は差別化できるポイントにならない
  • 営業から異職種への転職も可能だが、無条件にできるのは25歳まで、29歳以上はほぼ困難

ここで重要なのは、営業が向いてない人は早めに抜け出さないと泥沼にはまっていくという点です。

25歳までの人も

まああと1年くらい頑張ってから考えるか

と先延ばししてしまうと、一気に職種を変えての転職が難しくなってしまいます。

これは脅しでもなんでも無く、採用担当としてたくさんの方のレジュメをみて、面接をしてきた中で感じた実感です。

  1. 25歳まで
  2. 26-28歳
  3. 29歳

日々の業務が始まってしまうとあっという間。①の人は②に、②の人は③になるのはあっという間です。早く行動しないと「あの時転職活動していれば営業から抜け出せたのに」なんて後悔することになります

今すぐに転職をしなくてもエージェントに登録しておくべき理由

でもまだ転職するかどうかも決めてないし、転職エージェントとかはまだいいや

と思う人もいるかもしれませんが、それはよくある間違いです。僕自身も最初はそう思っていました。

今すぐに転職しなくても、転職エージェントに登録をしておくべき理由は3つあります。

転職エージェントは自分のキャリアを形成するためのパートナだから

僕も転職をしたことがない時には、

転職エージェントに登録をしたら無理に転職を勧められるんじゃないか

と不安でした。

でも、あなたがはっきり「まだ転職するかどうか決めてないけど、まずは転職をすべきかどうかから考えたい」と意思表示をすれば、無理に勧めてくることはまずありません。それでも無理に勧めてくるエージェントは無視しましょう。

実際に、大手転職エージェントのパーソルキャリア(doda)に勤める友人にヒアリングしたところ、

実際に面談に来るうち、転職をするかどうかを決めてない人は7,8割くらいいる

とのことだったので、転職をまだ考えてないうちにエージェントに行くことは普通です。

そして、転職エージェントとの面談をする中で、

  • あなたが今いる会社の立ち位置(同業他社と比べて)
  • あなた自身の客観的な転職市場での評価
  • あなたの今後のキャリア相談

を知ることができます。転職をする前に、まずは自分の正確な現状を把握すること。転職するかどうかはそこから決めればOKです。

自分に合った良い求人がいつ来るかわからないから

また、自分に合った求人はいつくるかわかりません。「今の会社でもっと実力をつけてから」などと言っているうちに自分に合った求人を見逃していたら後悔しませんか?

「知った上で見送る」のと「知らなくて見逃す」のは天と地ほど違うので、最低でも求人が知れる状態にしておきましょう。

転職を意識する環境に自分の身を置くことで意識を高めることができるから

転職をしようかなと思っても、会社の同僚たちで転職を考えている人はあまり多くないでしょうし、周りに言える状況ではないことが多いでしょう。

転職なんて考えてないで、とりあえずは目の前の仕事を頑張ろうかな

と思っているうちに、次第に転職のことを忘れてしまいます。

そして1年くらいして、友人の転職報告をみて「自分もやらなきゃ」と慌てて転職活動を再開する、なんて流れはよくありますね。

転職エージェントがくれる連絡や求人は、いい意味で「お尻叩き」になってくれます。転職に成功する人は、自分一人で考えたりせず、エージェントをうまく自分のために利用して進めることができる人です。

営業から抜け出すための転職にオススメのエージェント3選

前提として、転職エージェントは最低でも3人は同時に付き合っておくことをオススメします。

理由としては、次の2点です。

  • 転職エージェントにも得意不得意な部分があるので、いいとこ取りをしたほうがいい
  • 転職エージェントにも合う合わないがあるので、見極めるためにも複数人とコンタクトをとったほうがリスクが低い

そして、営業職から抜け出すためには、次の観点でエージェントを選ぶことが重要です。

  • 営業職以外の求人を多く持っていること
  • 丁寧にキャリア相談に乗ってくれること

求人を多く持っているエージェントが良いのは当たり前ですが、特にキャリア相談を丁寧に乗ってくれるところを選びましょう。

営業から職種を変えて転職するのは特に不安を感じるものです。

  • 営業から職種を変えて転職ってそもそもできるのか?
  • 未経験でもできる営業以外の仕事ってどんな職種があるのか?
  • 未経験だと給料が結構下がるのではないか?

パソナ

パソナリクルートdodaと比べると求人数こそ多くはないですが、全国各地で口コミで言われているように、転職者に対してフォローが丁寧なことでとても有名です。

転職をしたことがない人にとっては、「転職って何から始めていいのかわからない」という状態だと思います。

自分が面談した時も感じましたが、パソナは1つ1つの疑問に丁寧に対応してくれるのが印象的でした。転職が初めての人は必ず登録すべきです。

また、パソナでは業種や職種に特化したセミナーを全国で開催しています。例えば下記のような感じ。

公式サイトからパソナに登録する

なお、パソナの良さについてはこちらの記事でも紹介しているので、よければご覧ください。

doda

dodaは転職エージェントのレベルが高く、僕も面談をしてもらいましたが、実際かなり有意義な時間を過ごせました

単純に企業を紹介するだけではなく、まずは自分のありたい姿を定義して、20,30代をどのようなキャリアパスで歩んでいけば最短でゴールにたどり着くのか、というアドバイスの方法をとってくれました。

中には特定の企業をゴリ押ししてくるエージェントもいるので、当たり前のことをきちんと対応してくれるdodaには信頼が持てました

また、ついてくれた担当者が優秀で、レスポンスも早く、面談中の受け答えもシャープだったので、転職した今でも定期的に連絡を取っています。dodaは転職する時には外せないエージェントです

公式サイトからdodaに登録する

リクルートエージェント

リクルートの強みは何と言っても、全国トップの転職支援実績です。

転職に関するノウハウがかなり手厚く、自分の担当についてくれるエージェントの実力に左右されず、良い情報が得られます

  • 職務経歴書の書き方
  • 志望動機の添削
  • 面接対策
  • 自己PRのポイント

などなど、転職活動をする上でやるべきことが細かく型化されているので、登録すれば転職活動の一通りの流れが理解できるでしょう。

公式サイトからリクルートエージェントに登録する

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら