就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

転職することを会社の上司にうまく伝える方法

今日は転職するときに、どのように上司に話を切り出すべきかについて書きます。

実際転職の内定が出て、あとは会社に退職することを言うだけ!となってからも、実はまだ闘いがあるんですよね。

いきなり上司に転職することを言うのは気まずかったり、言うとしてもなんていったら良いのかわからなかったりします。

中途半端なことを言うと上司から引き止めに会うケースもあります。

今日は転職することをうまく上司に伝える伝え方を書いていこうと思います。

これを読んで、退職時の上司との接し方のスタンスの参考にしていただければ。

大前提1:退職は労働者側の権利

基本的なことだが退職は退職日の2週間前までに会社に言えばOKと言うのが民法のルールです

「会社の就業規則で1ヶ月前までに言うこと」とか書いてあっても、基本的には民法が優先(雇用形態などによって異なるので、ちゃんと自分で調べてね)

とはいえ業務の引き継ぎや上司にとっては後任探しという仕事があるので、おおよそ1,2か月前に言うのが望ましいとされてます。

大前提2:別に上司にどう言われようが、何も言われる筋合いはない

基本的に自分の人生です。

究極なこと言えば、「やめます」→「なんで?」→「一身上の都合です」でもOK

上司になんと言われようと、自分の人生どうしたいかは自分しかわからない

更に別に人にいちいち説明する責任はないから、知ったこっちゃない

また、会社がやめられたら仕事できる人がいないから困る、と言うのも知ったこっちゃないです。仕組みを作れていない会社が悪い

とは言っても、上記ほど強気に退職の交渉をできる人は稀ですし、多くのひとは、そうはいってもお世話になった会社なのできちんと仁義を切ってやめたい、と思っていることでしょう

でも退職の理由を本音で話すと、あなたが去る会社に残る側の上司からしたら、面白くないことだってあります。例えば会社の未来がないと思ってても、そのことは上司には言えないじゃん?

上司に退職を告げる時の基本的なスタンス

辞めると言ってもお世話になった会社なので、できるだけあとぐされないようにやめたいものですよね

また、人の縁はどこでつながっているかわからないので、きちんとお互いに納得がいく形で退職をすることで、転職後にも関係を築くことができます

いきなり連絡が途絶える止め方というのは避けた方がいいでしょう

そこで有効なのが本音と建前をうまく使い分けると言うことです。

全部正直に言う必要はない

ただ、相手(=上司)に断られにくいような言い方をする事が重要

上司はそもそも、退職者が出ると自分の評価が下がることが多い

だから、あなたのことを想って引き止めている場合とは限らない

断りにくい退職理由というのが存在します

それをベースにして上司へ退職の旨伝える時の準備をしましょう

上司目線で退職したいといってきた部下の引き止めを考えてみる

上司は基本的に部下に辞めてもらっていいことはありません。欠員の補充をしなければならないし、部下がやめた理由をヒアリングして更に上司に報告しなければならない。その内容によっては、マネジメントに難ありとして評価が下がるかもしれない

ケース:「もっと成長できる環境に行きたい」

もっと小さめの会社で自分の力を試してみたいと思った

引き止め例:「どんな成長を何のためにしたいの?」と詰める

まず最初に突っ込むポイントは下記の通りです

  • お前にとっての成長とは何なのか
  • その成長は転職することによって実現できるのか
  • 今の会社よりも転職先の方がお前の成長に有効だと言えるのはなぜか

これらにスムーズに答える事ができるのであれば問題ないのですが、大体の場合はこれらに答えられずに困ってしまうと思います。

そこですかさずこう言いますね

  • こんな中途半端な状態で転職をしても、お前のためにならないぞ
  • 中途入社の社員には、新卒と違って1から丁寧に教えてくれるとかないから、こんな状態では活躍できない
  • せめてもう1年頑張ってみないか
  • そっちの方が絶対お前のためにな

とまあこんな感じですね。ちなみに今の自分だったらいくらでも反論は思い浮かびますし、全然気にしないのですが、初めての転職の時には確かにこのように言われてしまったら心が揺らいだと思います。

でも、実際には上司にとっても断りにくい文句があるわけです。

次はそれをみに行きましょう

前提:上司だってサラリーマン上司は、自分の仕事の1つに部下育成、マネジメントと言う仕事がありますよね。平たく言えば、部下が持っている力を最大限に発揮できるような環境作りをすることです。

で、そんななか部下が退職するとなった時、上司のマネジメントが悪かったから部下がやりがいを感じなくなってやめた、となれば、自分の評価が下がりますよね。

だから、上司はそのまた上司にこう言えればいいわけです。「あいつが止めるのは僕のマネジメントのせいじゃないです。しょうがないことだったんです」

勘の良い肩はお分かりかと思いますが、つまりこちらから上司に言う退職理由は、「上司がその上司に説明する時に説明しやすいような理由」であればいいわけですね。

じゃあどうすりゃいいんだよ?と言う人向けに、基本的に断りにくいスタンスの転職理由書いときますね

その会社では絶対に実現し得ないこと、できる可能性がかなり低いことをあげればいい

例えば大企業であればもっと小さな組織で組織を作り上げるところからチャレンジしたいというふうに思うようになったとか

基本的に大企業は多くの組織が出来上がっているのでルールも決まっており上司や部下という関係もしっかりしています

しかし人数が一桁のスタートアップに行くとなると一から自分で精度を作り上げていく必要があります

これは多くの場合だ勢いでは実現しにくい環境なのでより転職理由になると思います

そしてこれは上司が社内説明をするときに「それっぽく聞こえる」

それっぽさがとても重要

もちろんぜんぜん話し合えない上司もいると思うので、その時はさっと逃げるべし

こちらが何を言っても転職を許さないぞスタンスで立ち向かってくるケースもあります

そういう人はこの記事の内容は実践しなくてもOK今では退職代行のサービスというのもあるので上司に会わずに退職の手続きをするということも可能です

 

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら