就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
スタートアップ

【30代転職】30代で転職迷ってるならベンチャー一択です

今日は次のような悩みを持つ人向けの記事です。

30代でベンチャーへの転職を考えているけど、そもそも30代でベンチャーに転職ってどうなんだろう?周りの皆はどんな悩みがあるのかな?

以下の内容を解説していきます。

  • 30代でベンチャーに転職ってそもそもどう?
  • 30代でベンチャーに転職をする人がよく悩むポイントは?

なお、私は1年前まで前職のベンチャーで中途採用責任者をしており、30代の転職者と数多く面接をしてきたので、リアルな転職のポイントをお伝えできると思います。

30代でベンチャーに転職ってどう?→「決断するならこのタイミングです」

結論から言うと、30代(特に30代の前半)は「ベンチャーに転職するならこのタイミングがベスト」と言われています。理由は2点あります。

理由①:相対的な強みを持っているから

30代になると多くの人が「相対的な強み」があります。20代では持っている人は少ないです。

相対的とは、あなたが今の会社では「普通」の知識や能力とされているものでも、勤める企業が変われば「強み」になり得ると言うことがある、と言う意味です。

これは特にシード・アーリーと言われる初期段階よりも、ミドル・レイターと言われる時期の企業で経験が生きてきます。ベンチャーのフェーズはざっくり次のようなイメージです。

利益 会社規模 プロダクト 経営戦略
シード 赤字 創業メンバー 構想段階 市場調査、ニーズの確認
アーリー 赤字or低収益 10人以下 形にはなっており、初期ユーザーがいる プロダクトの改善、初期ユーザーの信頼の獲得
ミドル 赤字or低収益 11-30人 すでに市場で使っている人が一部いる 人員拡大、拡販体制構築
レイター 収益化 31人以上 ニッチの市場では高いシェアを獲得している 隣接領域への展開、機能の追加、組織整備、IPO準備

ミドル以降は、これまである程度勢いで拡大してきたチームを組織化したり、隣接する領域に事業を横展開していく時期なので、大手出身者の組織化・仕組化のノウハウが生きるポイントが多くなります

また、ベンチャー企業も内輪ノリでは存続できず、ミドルステージ以降になると日本の大企業を顧客にして付き合っていく必要があります。そこで大企業出身者であれば、大企業の組織が動く論理が分かっているので重宝されます。

理由②:この先のキャリアの方向性を決定づける時期だから

30代になると、今所属する企業で出世の階段を登っていくのか、別のフィールドでチャレンジするのかの決断を迫られるタイミングです。

今は5〜10年前と比べて圧倒的にベンチャー企業が資金調達をしやすくなっているし、立ち上げ〜成長フェーズでガンガン成長している企業が数多く見られます。

大企業にいては経験したことのないような売上利益の伸び率、事業展開のスピードは、実際に中で体験した身としてはとても刺激的でした。

一方、今の会社でキャリアを重ねるごとに、ベンチャーに転職しにくくなりますし、また入社後もカルチャーについていけない可能性が高くなります。

よって、個人としてもう1段成長していきたいなら、30代というタイミングでベンチャーに関わっておかないと、後々になってから苦労します。

30歳ぐらいの人が考えた方がいいと思うのは、多分そこである程度道が決まっちゃうと思うからです。ある程度ね。中で評価されてグーッと上がってくパスと、外で活躍する道を選ぶのと、選ぶタイミングです。このタイミングで選んでおかないと、より動きにくくなる。(出所:「30歳はスタートアップ業界へ飛び込む良いタイミング、老舗VCグロービスの今野氏に聞く」より抜粋)

ここまでをまとめると次の通りです。

  • ミドル・レイター時期のベンチャーでは、大企業で培った組織化のノウハウが必要とされるが、20代の社員は理解がその浅い
  • クライアントも大企業が増えてくるので、大企業の組織の論理がわかる人が重宝される
  • 大企業で出世を狙わず、ビジネスパーソンとしての更なる成長をするなら、30代でベンチャーへの転職がラストチャンス

30代でベンチャーに転職をする人がよく悩むポイント

中途採用の面接官をやっている時、30代でベンチャーに転職をするときに皆さんからよく聞いていた3つの悩みを紹介します。

ポイント①:ポジションや年収

30代になると、すでに結婚をしていたり子供がいたりします。「仕事のやりがい」「キャリアアップを目指してチャレンジ」と言う自分だけの都合で転職が難しくなってくる年齢です。

また、ベンチャーでの年収と比べると30代の現年収は比較的高い場合が多く、転職時に年収がネックになって辞退するということもよくあります。

旦那さんは意気揚々と内定を受諾したのに、いざ奥さんに話すと猛反対されて結局辞退、といういわゆる「嫁ブロック」も前職でも経験しました

ポイント②:未経験のチャレンジ(領域や職種)

これまで関わったことのない業界に転職をするので、また1から業界知識をキャッチアップすることへの不安はよく聞きます。

少し抽象的な話になってしまいますが、「好奇心」というのはベンチャーで活躍するためには重要な要素だと思っています。実際に入社した後も、特定の業務を何年も担当しているなんてことはほぼなく、新しい役割が複数割り振られることの方が普通です

その為、ベンチャーでは未経験のことでも前向きに捉えてチャレンジできる人が向いていると言うのは本当にそう思います。

ただ、全く未経験の職種(営業→マーケティング、経理→人事など)は、さすがに30代だと採用されないことが多いです。

どうしても職種を変えたい場合には、

  • 大幅な給与ダウンを覚悟して職種転換する
  • 自分の経験が長い職種から入って、徐々に隣接した職種にチャレンジする

というのが良いでしょう。

ポイント③:ベンチャーに就職した後のキャリア

ベンチャーに限らずですが、転職ではこれまで自分がいた会社でのストックを一旦0にして再スタートすることになります。当然社内外での信頼残高も0からの再スタートです。

また、ベンチャーに転職後にずっとその企業で働き続けると言う人はレアでしょうから、ベンチャー転職後にどのようなキャリアを見据えるのかも悩むポイントです。

そのままベンチャーで役員や幹部社員を目指すのか、短期間で特定のスキルアップに励むのか、いずれにしても明確な目的意識を持って過ごさないと、ただ目の前の仕事に忙殺されるだけの期間になります。

30代の転職で絶対NGなのは「様子をみる」こと

一般的に30代のキャリアは自分の専門性を見極めて、それに磨きをかけるための年代だと言われています。

なので、専門性を磨くためにベンチャーで挑戦するにしろ、今の勤めている大企業でこのまま働くにせよ、早く自分の道を見極め、それにコミットするべき時期です。

実際に、中途採用の面接官をしていた頃も、30代だと候補者間の差がかなり顕著で、魅力的な候補者は社長面接まで上げるし、そうでない候補者は1次面接でNG、、というケースが多かったです。

転職したベンチャーが倒産したらどうしよう

と不安になることもあると思いますが、最も懸念すべきリスクは「何も決断しない」かなと思います。

ベンチャーは興味あるけどリスクもあるし、もう少し今の担当業務が落ち着いてから考えよう

というだけの時間的な余裕はありません。

今決断をしないと、数年後に「やっぱりベンチャーに挑戦しよう」と思った時には

  • 家庭の事業が変わっている
  • 必要な年収レンジが上がっているので条件の折り合いがつかない
  • そもそもベンチャーに適応できなくなる

などと、ベンチャーに転職したくてもできなくなっているリスクもあります

最終的にベンチャーに行くのも行かないのもあなた次第ですが、エージェントを通じて「話を聞いてみる」ことを強く勧めます。

2018年下半期で転職に成功した人の平均年齢は31歳で、30代前半はちょうど周りも転職を考えているタイミングです。

出典:https://doda.jp/guide/age/

具体的な志望動機や転職の軸が決まってない状態でもOKです。ベンチャーでの仕事はまさにそうですが、まずは行動することから見えてくることも大いにあります。

良いエージェントに巡り会えれば、あなたのこれまでの培ってきた経験を高く評価し、更にチャレンジングな仕事に付ける可能性も大いにあります。

ベンチャーへの転職を少しでも考えたタイミングに、ぜひ現状のマンネリを打破して、ベンチャーにチャレンジするかどうか考える機会を設けてみることをオススメします

最後に、ベンチャーへの転職でオススメのエージェントを紹介します。

ワークポート

ワークポートはIT・WEB業界に強いエージェントです。実際に使った時は、面談後にエージェントとLINEにて気軽にやり取りできるフランクさが魅力でした。

IT・WEB系への転職を考えている際には、他のエージェントと合わせて登録するとベターです。

公式サイトからワークポートに登録する

リクルートエージェント

リクルートの強みは何と言っても、全国トップの転職支援実績です。

転職に関するノウハウがかなり手厚く、自分の担当についてくれるエージェントの実力に左右されず、良い情報が得られます

  • 職務経歴書の書き方
  • 志望動機の添削
  • 面接対策
  • 自己PRのポイント

などなど、転職活動をする上でやるべきことが細かく型化されているので、登録すれば転職活動の一通りの流れが理解できるでしょう。

公式サイトからリクルートエージェントに登録する

パソナ

パソナリクルートと比べると求人数こそ多くはないですが、全国各地で口コミで言われているように、転職者に対してフォローが丁寧なことでとても有名です。

転職をしたことがない人にとっては、「転職って何から始めていいのかわからない」という状態だと思います。

自分が面談した時も感じましたが、パソナは1つ1つの疑問に丁寧に対応してくれるのが印象的でした。転職が初めての人は必ず登録すべきです。

また、パソナでは業種や職種に特化したセミナーを全国で開催しています。例えば下記のような感じ。

公式サイトからパソナに登録する

なお、パソナの良さについてはこちらの記事でも紹介してます。

本日のまとめ
  • 30代はベンチャーに転職するかどうかを決断するのに良いタイミング
  • 「何も決断しないこと」が最大のリスク。まずはエージェントに話を聞くことから始めよう
  • オススメのエージェントはワークポートリクルートエージェントパソナなので、ここから最低2社は登録しよう

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら