就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

面接で手応えがあったのに落ちるのはなぜ?を考察した【元面接官】

こんにちは。トニー(@lesson_now)です。今日は次のような疑問を持つ人向けの記事です。

転職の面接ってどんな反応があれば手応えあったんだろうか。逆に手応えあったのに落ちるのはどんな時だろう。ついでに、どうやったら面接を突破できるのか知りたいな

僕は前職で採用の責任者で、月に10人ほど中途採用の面接官をしていたので、面接官が面接中に考えていることを赤裸々にお伝えできると思います。

記事では次の内容を解説します。

  • これがあったら手応え有!面接の合格のサイン
  • 面接官の心理を分かれば、手応えがわかるだけでなく面接対策にもなる

これがあったら手応え有!面接の合格のサイン

受かっている場合あるある

  • もし受かったとしたらいつからこれるのか?を聞かれる
  • (複数社受けてる場合)他の会社はどこを受けているのか?を聞かれる
  • (複数社受けてる場合)他の会社も受かったらどうやって決めるのか?を聞かれる(場合によってはその内容を自社に有利になるように説得する)

落ちている場合あるある

  • 最後の雑談が長い
  • 面接時間を事前に言われていた時間よりも早めに切り上げられる
  • 面接官が明らかにノリが悪い

ただし企業によって/面接官によって異なる

ただし、これはいつでも当てはまるわけではありません。

  • 面接はその人の志向性や能力の確認だけで終わり、上記は人事が確認するパターンがある
  • 上記はきくがほぼテンプレの質問なので、合否に関わらず聞いている場合がある

ので、必ずしも質問をされたからといって受かっているわけではないです。

また、これをいうと身もふたもないですが、面接官によって反応が異なります。

例えば、雑談が好きな面接官であれば、合格してようが不合格であろうが雑談の時間が長くなります。

だから、上記はあくまで一般的によく言われる目安だと思ってください。

面接官の心理を分かれば、手応えがわかるだけでなく面接対策にもなる

じゃあ結局は何を目安にすればいいんだよ!と思うかもしれませんね。

元中途採用の責任者だったので、その時にどのようなことに気をつけて面接をしていたかを振り返りながら見て行きたいと思います。

【面接官の心理】結局はこの2つしか見ていない

この人はこの会社に合っているのか

この人はこの会社で活躍できる人材か

様々な角度から質問を投げかけて来ますが、全てこの2つに集約されます。

なので、面接はこれらに答えるような回答をしていれば基本はOKです。

例を挙げてみましょう。

「この会社に合っているのか」の質問例

・会社に入ってやってみたい仕事はなんですか?

・当社以外にどのような会社を受けていますか?

・今の会社から転職をしようと思った背景はなんですか?

「この会社で活躍できる人材か」の質問例

・これまでの仕事で頑張ったことを教えてください

・もし仕事で○○のようなシーンに遭遇したらあなたならどう対処しますか?

・チームをマネジメントする上で気をつけていたことはなんですか

会社により「会社に合っている」「この会社で活躍できる人材」の定義は様々

当たり前のことだろと思ったかもしれませんが、意外に自分が面接で話す言葉や内容には反映出来ていない人が多いです。

例えば面接官が「この会社で活躍できる人材」を見極めたい場合を見て見ましょう。

僕が今いるメガベンチャーでの企画職へ転職を希望している場合、概ね必要となる能力は次のようなものだと想定されます。

・複数の関係者と合意形成するコミュニケーション力
・課題を特定する分析力
・自ら仕事を作りに行く自主性

このような場合、面接で話す自分の強みは上記のように募集しているポジションに求められる能力を表すようなエピソードでないと話になりません。

だから、自分の経験の中から「自ら仕事を作りにいった自主性が表れている事例」を説明するエピソードを用意しておきます。

面接官は、聞き方の種類こそたくさんあれど、聞きたいことは「あなたはこの会社で活躍する能力があるのか」ということに集約されます。

だから、質問の内容の答えには「自ら仕事を作りにいった自主性が表れている事例」を盛り込んで答えることで、面接官からすると「うちの会社で活躍できそうだ」と判断するわけです。

面接対策の詳しい内容はこちらの記事で書いているので、合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
面接対策はこの1冊以外この世になくていいと思うこんにちは。トニー(@lesson_now)です。 今日は2回転職をして面接に落ちたことのない僕ですが、面接対策をする上でこれ以上最強...

【まとめ】面接官のサインより面接の本質を理解すべし

今日のまとめです。

  • 面接の合否はある程度面接官の行動から類推できる
  • 面接で聞かれることは2種類しかないので、それに合わせて回答すればOK(参考記事はこちら

 

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら