就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
キャリア

あなたにとって正解の会社は存在しないよ【本質】

こんにちは。

今日は転職時の会社の選び方についてです。

最高の会社とは?

まず最初に、この質問について考えて見てください。

「あなたにとって最高の会社とは?」

 

これはとても大事な質問です。

「そんな完璧な会社なんてありえないよ」「考えるだけ無駄」と思わずに、一度立ち止まって1分でいいので考えを巡らせてみてください。

給与がいまより200万円くらい高くなって、95時で帰宅できる会社?

労働時間は長くても、若手から責任あるポジションに抜擢され給与も1,000万円を超えるような会社?

給料は低くても、自分の好きなことを誰にも邪魔されずにやれる会社?

人によって違うと思いますが、それで良いのです。

なぜなら、完璧な会社というのは存在せず、どの会社にも一長一短があります。

「そんな当たり前のことを言われなくてもわかってるよ」と思う方もいるかもしれません。

でも、「完璧な会社というのはない」というのは、つまり次のようなことを言っています。

「あなたが転職でどの会社を選んでも、正解にたどり着くことはなく必ず不満な点が出てくる」

こう書かれると、少し違和感を感じる方がいるかもしれませんね。

でもこの2つは同じことを本質的には同じことを言っています。

強いて違いを挙げるならば、1つめは一般論で2つめは「自分ごと」になるように書いてある、という違いです。

1つ目では違和感を感じなかったのに、2つ目では違和感を感じた人がもしいるならば、

それは転職における「青い鳥症候群」にかかってしまっています。

自分が転職する会社は、今の会社とは違ってもっといい環境かもしれない。

環境を変えれば今ほどしんどい思いをしなくてもいいはずだ。

残念ながら、あなたが今の会社で不満に思っていることは、どの会社に行っても少なからず感じる不満でしょう。

しかし、完璧な正解はないのですが、あなたが選んだ選択肢を可能な限り正解に近づけることができます。

では、どうすれば良いのでしょうか。

正解は存在しない

正解の1社はこの世に存在しない

転職においては、「正解の1社はこの世に存在しない」という考え方がもっとも重要です。

これは、正解がないことは頭ではわかってるんだけど、無意識的に正解を探してしまう、というのがやっかいです。

かつて私もそうでした。

まだ転職をしたことがなかった頃は、自分にとって成長する環境を与えてくれるような会社はどこか、

という観点で面接を受けていました。

最終的に3社のベンチャー企業から内定をもらったのですが、どれが自分にとって正解の選択なのか、

をずっと悩んでいました。

結局最後には「これがもっとも自分のキャリアにとって正解だ!」と思って転職したのですが、

後に転職する前には気づかなかったその会社の弱みや、ベンチャーの悪い点を知ったので、今思えば

その選択が正解だったとはとても言えないなと、振り返っています。

正解に近い選択肢の会社でも、日々変わっていく

また、転職時に「この会社が自分にとって一番合っている!」と思って入っても、会社の状況も刻一刻と変化していきます。

つまり、転職をするときには正解(と思っていた)会社でも、2年後に同じように正解かどうかは限らないのです。

これは特にベンチャー企業に当てはまります。

転職当時はイケイケだったのに、その後業績不振になり会社を売却、大企業の傘下に入ってこれまでの

自由でスピード感のある文化がなくなってしまった、とか、

順調に会社が大きくなっていったが、あまりに急拡大をしすぎて組織の整備が追いつかず、

社員の育成の観点が全くなくなってしまった、とか、たくさん事例を聞きます。

自分にとっての正解もライフステージに応じて変わっていく

更に言えば、自分にとっての正解もライフステージによって変わって行きます。

例えば、あなたが新卒の時に入った「バリバリ長時間働き続ける外資系の会社」は、

時間もあって成長意欲の高かった時代は最高の選択肢でしたが、結婚して子供が生まれたら、

それはあなたにとって最適な選択肢ではなくなる、というようなことです。

つまり何が言いたいのかというと、「あなたにとっての正解の会社」は、

常に状況が変わって行くので、適宜アップデートをする必要がある、ということです。

会社選びの価値観をアップデートし続けよ

ではここからは適宜価値観をアップデートをする具体的な方法を見ていきます。

大事な視点は2つです。

  • 1回で選べなくても大丈夫
  • 選択した基準を超明確に

順に見ていきましょう。

1回で選べなくても大丈夫

そもそもですが、新卒の時に選んだ会社が未来永劫自分に合っている確率は超低いです。

だって、社会のことを何もわからない学生の時には持っていなかった視点を今あなたは持っていますよね?

だから、自分が会社を選んだ基準をアップデートするというのはすごく普通なことなのです。

転職をするのは逃げ、根性なし、最低でも3年は辞めるな、などの謎の文化が横行していますが、

むしろそう語りかけている人たちは、自分の仕事の価値観、会社選びの価値観をアップデートする勇気を持てていない人である可能性が高いです。

だから、自分にあった会社を1回で選べなくても全然なんの問題もありません。

まずはこの考え方を頭に何回も刷り込みましょう。

選択した基準を超明確に

ただし、転職先を選ぶときに、新卒の頃のように闇組に、感情的に選ぶのはNGです。

よく「転職を1回したら2回目3回目と何回もして、ジョブホッパーになるぞ(だから転職やめとけ)」的な論を聞きます。

これは、毎回「その時感じたその場のノリ」で辞めているとそうなります。

転職をより良いものにするために、自分が転職先を選ぶ基準を超明確にしましょう。

なんとなく、ではなく、自分の中で大事にしている価値観をしっかり文字に落とし込みましょう。

この時に大事なのは、捨てる価値観も明確にすることです。

例えば私の2回目の転職の時の優先順位をあげてみます。

・転職概要:ITベンチャーの事業責任者大手IT企業の企画(メンバー)

・優先したこと:

  • 自分が身につけたい能力を持っている優秀なメンバーがたくさんいること
  • やりたい仕事を一定期間担当し続けることができること(ベンチャーでは難しいので必然的に大手企業になった)

・捨てたこと:

  • 短い労働時間
  • 家族との時間
  • 自分で自由に決めれる裁量権(前職のベンチャーでは責任者だったので、自分で決めれる範囲は断然大きかった)

このように、選択基準を明確にすると、入った後に前職と比べてやりにくい部分があっても、

「自分はその観点は転職の基準の時に大事にしなかったからしょうがない」と納得して変に落ち込むことがなくなります。

価値観のアップデートには他人の力をフル活用せよ

最後に、自分の価値観を明確にする作業の手順をご紹介します。

ここまで読んでいただいても、実際に行動しなかったり、行動しても価値観が明確にならなかったらなんの意味もありません。

ここに記載したことを実践に移して、あなたにとって「限りなく正解に近い」職場で活躍し続けてください。

価値観を明確にする方法は、次の2通りあります。

  • 自分一人で考える
  • 誰かの助けを借りる

オススメは誰かの助けを借りる方法です。

具体的には、転職エージェントと呼ばれる人達があなたの転職を助けれくれます。

もちろん、自分一人で考えることができる人はいいのですが、何せ転職が初めての場合は、

転職のことが何がなんやらわからないことだらけだと思います。

応募する企業の選定、企業への応募、履歴書や職務経歴書の作成、面接準備、年収交渉、現職への退職の伝え方、などなど、

転職には実は見えないステップがたくさんあります。

でもこの中であなたが考えるべきことは「あなたが転職で実現したいこと、大事にしたい価値観をアップデートすること」です。

転職活動においては、これに全精力を注いで下さい。

そのほかは瑣末なことで、転職エージェントがやってくれることです。

ここを自分一人でやろうと思うと、できなくはないですが、かなり大変です。

実は私も1回目の転職の時にはエージェントを使わずに上記全てを自分でやったのですが、かなり大変でした。

また、自分の価値観のブラッシュアップが中途半端な状態で転職の面接を受けてしまっていました(偉そうに言っていたのにすみません。。)

その時にもっとちゃんとエージェントに相談をしていれば、もっと自分にあった会社選びができただろうに、、と思うと後悔しています。

転職が初めてのひとは必ずですが、2回目以降の人でもよほど自分で転職の軸が明確になってない限り、転職エージェントを使った方が効果の高い転職ができると思います。

本日のまとめです。

・正解の会社はない。常にあなたにとって正解に近い選択肢をアップデートせよ

・転職先を選ぶときには自分が大事な価値観だけではなく、捨てた価値観も明確にせよ

・自分の価値観のアップデートは、自分一人ではなく他人の力を活用せよ

今日は以上です。

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら