就活生・転職希望の人はまず読んで欲しい記事まとめ
20代転職

【20代転職】ここだけは外せない!20代向け転職エージェント3選

今日は20代におすすめのエージェント/転職サイトを厳選してご紹介します。

  • 私が実際に転職時に使ってよかったものだけをオススメしてます
  • その会社の中の人たちにもサービスの強みをヒアリングしました
  • 一部のサービスは、私が元ベンチャー企業の採用担当側としても利用してたので裏側もわかります

という感じなので、20代の転職のリアルをお伝えできるかと思います

【結論】初めての転職はこの3社を登録すればOK

実際に僕が20代で2回転職をした時に使用して良かったエージェントを紹介します。

前提として、転職エージェントは最低でも3人は同時に付き合っておくことをオススメします。

理由としては、次の2点です。

  • 転職エージェントにも得意不得意な部分があるので、いいとこ取りをしたほうがいい
  • 転職エージェントにも合う合わないがあるので、見極めるためにも複数人とコンタクトをとったほうがリスクが低い

時間がない人はこれらの3社だけでも最低限登録しましょう。オススメ順に紹介します。

パソナ

パソナリクルートdodaと比べると求人数こそ多くはないですが、全国各地で口コミで言われているように、転職者に対してフォローが丁寧なことでとても有名です。

転職をしたことがない人にとっては、「転職って何から始めていいのかわからない」という状態だと思います。

自分が面談した時も感じましたが、パソナは1つ1つの疑問に丁寧に対応してくれるのが印象的でした。転職が初めての人は必ず登録すべきです。

また、パソナでは業種や職種に特化したセミナーを全国で開催しています。例えば下記のような感じ。

公式サイトからパソナに登録する

なお、パソナの良さについてはこちらの記事でも紹介しているので、よければご覧ください。

doda

dodaは転職エージェントのレベルが高く、僕も面談をしてもらいましたが、実際かなり有意義な時間を過ごせました

単純に企業を紹介するだけではなく、まずは自分のありたい姿を定義して、20,30代をどのようなキャリアパスで歩んでいけば最短でゴールにたどり着くのか、というアドバイスの方法をとってくれました。

中には特定の企業をゴリ押ししてくるエージェントもいるので、当たり前のことをきちんと対応してくれるdodaには信頼が持てました

また、ついてくれた担当者が優秀で、レスポンスも早く、面談中の受け答えもシャープだったので、転職した今でも定期的に連絡を取っています。dodaは転職する時には外せないエージェントです

公式サイトからdodaに登録する

リクルートエージェント

リクルートの強みは何と言っても、全国トップの転職支援実績です。

転職に関するノウハウがかなり手厚く、自分の担当についてくれるエージェントの実力に左右されず、良い情報が得られます

  • 職務経歴書の書き方
  • 志望動機の添削
  • 面接対策
  • 自己PRのポイント

などなど、転職活動をする上でやるべきことが細かく型化されているので、登録すれば転職活動の一通りの流れが理解できるでしょう。

公式サイトからリクルートエージェントに登録する

20代の転職で重要なのは自分を知り尽くすこと

「選択のパラドックス」という理論で示されているように、「人は多くの選択肢をもっていればいるほど、その選択結果に満足しなくなる」という特性があります。

初めて転職をする時には特に陥りやすいジレンマです。初めての転職で陥りがちなことは、次のような感じです。

  • 手当たり次第サイトに登録をしてみる
  • webの記事をみて転職の成功談、失敗談をみまくる
  • 転職サイトの口コミをみて、行きたい会社の評判をチェックして一喜一憂する
  • 自分が今いる会社の評判もチェックして、ネガティブな投稿をみて共感して安心する

そして、色んな人が色んなことを言っているので何が正解かわからなくなってしまい、

とりあえずは目の前の仕事をもう少しだけ頑張ってから考えよう…

と、結局転職活動を先延ばしにしてしまう友人を沢山みてきました。

実は私もそうでした。最初に転職をしようと思ってから実際に企業との面談を始めるまでに1年以上もかかってしまいました。

その間やっていたことと言えば、まさに上に書いたような非生産的なことばかり。もっと早く転職において大事なことを知っていればよかった、と後悔しています。

転職活動において最も重要なことは、情報収集ではありません。まずは自分を知り尽くすことです。

自己分析とは「選択の軸をアップデートすること」

「自分を知り尽くす」というのは少し抽象的でわかりにくいですよね。

言い換えれば、「自分のなかに選択する軸を持つ」ということです。

これに関しては、北野唯我氏の『転職の思考法』という最高の本があるので、自分のキャリアに悩みがある人はまじで即買いしてください(要約はこちらの記事)。

選択するための軸を持つことで初めて、自分にとって有用な情報を効率的に抽出する事が可能です。

ただし、本来であればすぐに見つかるものではなく、一生かけて磨いていくものですが、転職活動中はそんなに時間が許されているとも限りません。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」やdodaの「ミイダス」などの自分の選択軸を見つめ直すツールがあるのでうまく使いつつ、診断結果をとっかかりにして、更に自分を見つめるためのきっかけにすることが重要です。

転職エージェントは「健康診断」

とはいえ、選択の軸をブラッシュアップするのは自分だけでは限界があります。

自分を知るための作業を一旦一人で行ったら(オススメは土日の二日間で集中してやりきる)、後は転職エージェントに壁打ちをしてブラッシュアップするのが効果的です。

エージェントの選ぶ基準は様々語られていますが、特に自分が志望する業界に対して紹介案件が多いエージェントを選ぶべきでしょう。

この記事で紹介したパソナdodaリクルートエージェントは、求人規模の多さでは全国屈指なので、あなたが志望する業界がどこであれ、一定の求人を紹介してくれるでしょう。

先ほど紹介した「転職の思考法」では、良いエージェントを見極める条件が次のように紹介されていますので、参考にしてみてください。

いいエージェントの条件5か条
  • 面接時に入社上の懸念点をあげてくれる
  • その会社が自分のキャリアにとってどういう価値をもたらすのか教えてくれる
  • 企業に回答期限の交渉や年収交渉をしてくれる
  • 他の求人情報はないか?という質問に粘り強く付き合ってくれる
  • こちらが会いたい人との面談を好きにセットさせてくれる

今日のまとめです。

  • パソナdodaリクルートエージェントは20代の転職では外せないので登録すべし
  • エージェントの知識やアドバイスをうまく使って、自分の中の選択軸をアップデートしよう
  • 今すぐ転職しなくても転職エージェントと面談しても全然OK。健康診断のようなもので、今の職場が今後のキャリアでどう活かされるかを把握することが重要

20代の転職で登録すべきエージェント

20代での転職は、初めての転職であることがほとんどだと思います。

  • 今の仕事は辛いけど、辞めるなんで逃げている見たい
  • なんのスキルもついてないのに、次の仕事に行っても何もできないんじゃないか
  • せっかく新卒で入った会社なのに、すぐに辞めるなんて非常識だろうか

 

でも、実は悩んでいるのはあなただけではありません。

転職エージェントは、あなたの会社の状況、あなたと近しい年代のキャリアについて、客観的なアドバイスをくれます。無料なので使わない手はありません。

実際私も20代で2回転職しており、実際に自分が使って良かったエージェントだけを紹介しています。よければご覧ください。

詳細はこちら